2015年06月26日

レースレポート(U太) CJシリーズ 妙高杉ノ原

 2015/06/14<SUN>

今回は初めて行われる妙高の大会で、前日入りし試走を行い当日に臨んだ
レースは4kmほどをユースは3周でマスターズが同時出走。
今回もユースが前に並び、8人と少なかったので、1列目にならぶ。
コースは大きな登りが一つで難しい下りがある。
そして最後にある100mほどのバックストレートとさらに曲がって、
ゴールスプリントができる100mほどのストレートがある。
それほどキツイわけでもなく、長い登りをなんとかたえればいけるという感じ。
今回も速い人についていくいきおいでレースに挑んだ。

そしてレーススタート!
スタートしてからT樹が良い勢いで前に行き、それについていく。
そこから下っていくところでは、前についていく。

1434462808015.jpg

その後、登りに差し掛かる時にトップ集団についていくが、
今回は登りに入ってもはなれなく行ける所まで、という気持ちでついていく。
しかし途中で少し平坦な場所があり、そこでちょっとずつ離れて行く。
そしてまた登りに入ると、速い人達は立ちこぎでグイグイ登っていって
とても追い付けなくて、はなれてしまうあせあせ(飛び散る汗)

IMG_20150626_012522.jpg

ただいつも思うけど前の速い人達の走りを見ることによって、
どこが違うのかもわかるし、最近は前よりは長い時間くっついていられるようになった。
なので、ちょっとでも前にいれる事は良い事だと思う。
ただ今回は、一週目の登りの最後ではなされてしまった。
そこからは一人で走る形になる。
前にいる人も速い。ただあきらめずに追いかける。

1434462784879.jpg

しかし2周目の下りで転倒あせあせ(飛び散る汗)
その後は、ライバルにも抜かれ、いっきにはなされる。
その時点で前にも後ろにも誰もいないので、追いかける相手も見えないし、
追われることもないので、精神的につらかった。
そこから腰もどんどん痛くなっていき、3周目は何もすることができずに終わりゴール

1434462799052.jpg

8人中5位だった。
こけたのももったいないし、一週目にもっともっと前にくっついていけば良かったなーと感じて後悔したし、申し訳ないと思う
最近は思った結果が出ていない気がするので、本当にくやしく思うし、これからユース選手権にむけてもっと練習をつみかさねて行きたい。

IMG_20150626_012612.jpg

CJレース参戦にあたり、スポーツサイクルショップ「バイクルームシン」
http://bikesin.com/にサポートいただいています。





posted by Upapa at 22:32 | Comment(3) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。