2015年07月12日

レースレポート Shoka CJ XCE maebashi

こちらに、フォトグラファーの伊東さんから頂いた写真を追加します。


14367904866920.jpg
女子の決勝は一発勝負です。
相手は格上のエリート選手!スタートから駆け引きなしの全力疾走あるのみexclamation×2
ほんとに行っちゃったよ〜犬


14367905585401.jpg
あとから川崎選手に「火がついた」と、お言葉をいただきました。


14367906858282.jpg
こちらが問題のグダグダ上りです。
練習したのになあ〜〜〜


ではレポートです。




開催日

今回は前橋でのレースでした。ぜんぜんレースに行っていなくて練習もしていなかったので不安でした。

予選はタイムトライアルでした。

IMGP6925.JPG




前半は順調だったけど、後半の少し上るところでチェーンがはずれました。
「やばー」って思って直そうとしたけど、なかなかはまんなかったので、チームの友達とお母さん方に手伝ってもらいました。そしてパンプ。直前に練習していたというのもあってスムーズに走れました。「チェーンもはずれたしタイム最悪だろうなあ」と思っていました。タイムをみると、他は2分台とかなのに私は4分台でした。そんなに時間かかってなかったのですがチェーン直すのを手伝ってもらったので、ペナルティとして、加算されていました。でも、「全員決勝に行けるしいっか」と思いました。
決勝は4人。私以外は、みんなエリート選手だったので、3位に入れればいいかなと思いました。もちろんスタートは1位ですけど。


IMGP6943.JPG


そして、スタート。作戦通り。1位で飛び出しました。でも少ししたところで後ろの選手にぬかされました。そのまま、少し上がっているところにさしかかりました。上がれませんだした。そしたら後ろの選手もつぎつぎと足をついて、なんかグダグダになりました。その時点では4位でした。しかし3位の選手がメカトラブルで、止まっていました。ぬかしました。前には追いつけそうにもなかったのでパンプのところをしっかりやりました。また、エリート選手の中で走りたいです。


CJレース参戦にあたり、スポーツサイクルショップ「バイクルームシン」
http://bikesin.com/にサポートいただいています。


posted by gen at 22:56 | Comment(2) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

レースレポート(U太) CJシリーズ XCE

 2015/06/28<SUN>

以前シクロクロスで走った事がある前橋のコースで行う
CJ2のエリミネ―ターに参加した。
人数は少なくユースは5人。
ただ小学生の時に他のエリミネーターで
すごく速かった覚えがある人も同じユースだった

前日から試走をし、当日に備えた。

そして当日。
ユースは予選を決勝の2本のみ。
他のクラスと違って、予選は5人の中から誰かが落ちる訳ではなくタイム表が出るだけ。
なので一発勝負
タイム的には同着1位だった。その結果をふまえて決勝へ。

5人が並び、レーススタート。
スタートはスタンディングがありだったのでバッチリ。
1位で1コーナーへ

1435665233222.jpg
< Photo by 伊東さん >

コース的には後半にパンプがあり、そこで前にいられないように
そこまでは絶対にトップで行くと決めていた。


1435665248706.jpg

1435665252079.jpg
< Photo by 伊東さん >

なので全力で走りパンプまではトップ。
パンプを終えて自分はここまで全力で走ってきて結構疲れていて
その後、抜かされ、抜き返す事ができずゴール

1435665241656.jpg
< Photo by 伊東さん >

2位だった。
エリミネーターだからといって、当日の試走をちょっとやりすぎた気もした。
ただ1位争いに加われた事も良かったし、
事実的にCJシリーズで表彰台を取る事ができた

DSC_1532.JPG


ランキングは気にしないけど、一つ一つの順位は大切にしたい。
いつもと違った感覚でXCEレースができたので
おもしろかったし、またやってみたいなーと思った。

CJレース参戦にあたり、スポーツサイクルショップ「バイクルームシン」
http://bikesin.com/にサポートいただいています。


posted by Upapa at 02:25 | Comment(1) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

レースレポート(T樹) CJシリーズ XCE in 前橋

群馬県前橋市、とある河原で行われた。それは、いつもの大集団で走るレースではなく、数人ずつ走る競技だった。たとえるなら、スノーボードクロスという競技みたいな感じだった。
コースは一か所ですべてが見渡せるくらいの広さで、上下が少なく、ABCみたいな感じである。いや、もっと短い。しかしながら、レベルは高い。特に小さなのぼりが厄介である。

前橋_002.jpg

距離はないのだが、難しい。スピードレースとなる今回は、高いスピードで入らなければならない。曲がった直後にあることもあって、難易度はかなり高いと思う。
今回は、DHの人が二人。どちらもレベルの高い人で、あと一人の人は王滝の年代別上位者で、ある意味いつもよりアウェーでの戦いとなった。
試走では、坂を多く練習したが、いつもなら行ける速度で入れなかった。長い間外で走ってなかったからだろうか。その一瞬は、このレースでは大きいのだ。

前橋_001.jpg

レース本番、第一ヒートが始まった。といっても、私のレースは、かなり後なので、しばらくは、アップや、研究の時間である。愛用のイグナイター(父注:チューブレスレディのMTB用タイヤのこと)も買ったところで、私のレースが始まった。

前橋_003.jpg

スタートはそこそこだった、しかし、カーブでかぶせられ最後尾まで落ちてしっまった。一周目のストレートで一人抜いた、前ともあまり差はない。

前橋_005.jpg

だけどもすぐ後ろの居るのはわかる、一瞬も気が抜けない状況だった。まえの人に追い付けそうだったしかし追い付けなかった、ホイールサイズの差なのか体力の差なのかは分からない、だけど追い付けなかった。結果としては4位になった。

前橋_006.jpg

今回は試走の走り込みが足りなかったんじゃないかと考える。

前橋_004.jpg

だから、全国は悔いのない結果を出せるよう、試走から頑張りたい。


CJレース参戦にあたり、スポーツサイクルショップ「バイクルームシン」
http://bikesin.com/にサポートいただいています。

posted by tomoki-chichi at 01:15 | Comment(2) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。