2015年07月08日

レースレポート(T樹) CJシリーズ XCE in 前橋

群馬県前橋市、とある河原で行われた。それは、いつもの大集団で走るレースではなく、数人ずつ走る競技だった。たとえるなら、スノーボードクロスという競技みたいな感じだった。
コースは一か所ですべてが見渡せるくらいの広さで、上下が少なく、ABCみたいな感じである。いや、もっと短い。しかしながら、レベルは高い。特に小さなのぼりが厄介である。

前橋_002.jpg

距離はないのだが、難しい。スピードレースとなる今回は、高いスピードで入らなければならない。曲がった直後にあることもあって、難易度はかなり高いと思う。
今回は、DHの人が二人。どちらもレベルの高い人で、あと一人の人は王滝の年代別上位者で、ある意味いつもよりアウェーでの戦いとなった。
試走では、坂を多く練習したが、いつもなら行ける速度で入れなかった。長い間外で走ってなかったからだろうか。その一瞬は、このレースでは大きいのだ。

前橋_001.jpg

レース本番、第一ヒートが始まった。といっても、私のレースは、かなり後なので、しばらくは、アップや、研究の時間である。愛用のイグナイター(父注:チューブレスレディのMTB用タイヤのこと)も買ったところで、私のレースが始まった。

前橋_003.jpg

スタートはそこそこだった、しかし、カーブでかぶせられ最後尾まで落ちてしっまった。一周目のストレートで一人抜いた、前ともあまり差はない。

前橋_005.jpg

だけどもすぐ後ろの居るのはわかる、一瞬も気が抜けない状況だった。まえの人に追い付けそうだったしかし追い付けなかった、ホイールサイズの差なのか体力の差なのかは分からない、だけど追い付けなかった。結果としては4位になった。

前橋_006.jpg

今回は試走の走り込みが足りなかったんじゃないかと考える。

前橋_004.jpg

だから、全国は悔いのない結果を出せるよう、試走から頑張りたい。


CJレース参戦にあたり、スポーツサイクルショップ「バイクルームシン」
http://bikesin.com/にサポートいただいています。



posted by tomoki-chichi at 01:15 | Comment(2) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。