2015年08月31日

レースレポート(D地)全国ユース選手権2015年8月9日

今回は、一週間前に行われた白馬MTB大会と同じ場所で開催された全国ユース選手権に出場した。クラスは、ユースではなく中学1、2年生が出れるU15にエントリーした。目標は10位以内

<前日>
一週間スノーハープでいろいろなところを上ったり下ったりしたので少し自信があった。前日から試走をした。コースは前回と余り変わっておらず、変わったのは大きく二箇所。一箇所目は太鼓橋。一番上までは上らず、途中で左の砂利道を下っていくようになっていた。二箇所目は、太鼓橋の下をくぐり、砂利道を上ってシングル入った後の激坂。その激坂も一番上までは行かず、途中で左側にあったシングルに入っていくコースになっていた。そのシングルを出たら後半の方はカットされそのまましたまで下り、ゴール。前日試走では4周した。そのうち2周はコースの確認。残りの2周はシングルや注意したほうがいいところを重点的に走った。一周は短く、約3.2キロ。そのコースを3周だった。

<当日>
自走で会場にまで行き、準備をした。準備後試走に。試走は前日に十分しているためコース確認の1周にした。試走後は、U17に出場する、T樹のスタートを見て少し応援した後、ローラー台でアップをした。
スタートは1列目。太鼓橋になるべく前で入りたかったので、スタートは9割でいくことにした。
白馬20150802-1.jpg
そしてスタート
まさかのまたビンディングがはまらず真中より少し後ろで上りに。しかしまだ3周あると思い、焦らず1人ずつ抜いていこうと考えた。上りで真中ぐらいまで順位をあげ下りに。1人抜いたらまた前の人を追いかける。その繰り返しで順位を上げていった。
白馬20150802-4.jpg
2周目に入ると、前が見えなくなり一人の子と2人パックになり争っていた。長いカーブではS太やAyuが見えたがそれ以上差を詰めることが出来ずそのまま3周目の終盤へ。するとシングルから出たところの段差で上がったサドルに急所を強打パックになっていた子に一気に離され、追いつけずにゴール。
白馬20150809-1.jpg
結果は12位。目標まではあと20秒とどかなかった。ビンディングがはまらないのを改善して、しっかりカッチっとはめられるようにしたい。次のCJのレースはパノラマ。スタートから上りなのでしっかり踏めるようにしたい。応援してくださった皆さんありがとうございました。

ひらめきCJレース参戦にあたり、スポーツサイクルショップ「バイクルームシン」
http://bikesin.com/にサポートいただいています。

posted by Dmama at 22:14 | Comment(0) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月30日

レースレポート(D地)CJ 白馬MTB大会2015年8月2日

今回は白馬で行われた、CJ1の白馬MTB大会に出場した。久しぶりのCJの大会。どのくらい実力がついたか分からなかったが、半分以下にならないのを目標として走った。
<前日>
今回は前の日に会場入りし、試走をした。試走は全部で4周した。コースはスタート後、太鼓橋を一番上まで上り、その後シングルに入る。そのシングルには、木の丸太で出来た一本橋があった。滑りそうだったので、ハンドルをまっすぐにし、少しスピードをつけていくことにした。そして下った後一回シングルを抜け、また違うシングルに入った。九十九折のシングルだったので後輪を滑らせないように意識して走った。その後は、砂利道を上り、下り、上り、下る。そしてシングルに入る。そのシングルにも丸太の一本橋があった。だがそこまで注意するほどではなかった。そのあとは、もう一回シングルに入り、抜けた後砂利道を上り、下る感じだった。そして下った後は、フィードがありそこで補給が出来るようになっていた。そしてフィードを過ぎたら、太鼓橋の下をくぐり、砂利道を上り、シングルを下って激坂に。激坂は、本当の激坂で試走では押していった。本番は、軽いギアでクルクルまわして上ろうと思った。そして奥のほうに行き、帰ってくる。これが1周だった。上りは、確実に足をまわし、下りはこけるギリギリまでスピードを出そうと決めた。
<当日>
自走で会場まで行き、その後試走した。試走はコース確認の1周だけにした。スタートは運良く1列目。
スタートしてすぐのぼりなので、スタートでスピードをつけようと思った。
白馬20150802-11.jpg
そしてスタートどんっ(衝撃)
ビンディングが上手くはまらず、チャレンジAに飲み込まれた。そのまま上りに入るとどんどん大人が抜かして行った。だがもっと前に行きたいと思い、ダンシングで前にいたY太とS太に追いつきついていくことにした。やっぱり2人とも速かったがここで置いていかれたら終わりだと思い、必死についていった。
白馬20150802-6.jpg
上り後、シングルに入ると、思った通り一本橋で渋滞していたが、エスケープ行くより速いと思い、焦らず一本橋を渡った。そして次のシングルに入る。試走と同じく後輪が滑らないように走り2人に喰らいつく。シングルを出て下りに。スピードが出ているため落車しないように注意した。その後の上りでY太がまさかのパンク。目標をS太にしぼり、追いかける。このときふと「Tきはどこにいるのだろう。上りで抜かされた後一回も見てないな。」という考えが浮かんだ。そのことを思いながら、前を追いかける。それの繰り返しだった。
S太に上りで差をつけられるが、下りやシングルで頑張って差を詰める。走りながら「俺ってこんな速かったっけ?調子がいいのかな」と思った。
白馬20150802-5.jpg
2周目。太鼓橋でS太が見えなくなり少し焦る。そしてシングルに入る。一本橋のところで、立っていた人に周りに人がいないのになぜか、「危険だから、スピード落として」といわれ、スピードダウン。その人が見えなくなってから、スピードをめっちゃ上げて前を追いかける。カーブの先にいると思いスピードを上げていく。しかし一向に姿が見えないままゴール。結果は自己ベストの9位ぴかぴか(新しい)。CJの大会で自己ベストが出てうれしかった。また前まで一緒に走ったときは抜かれていたシンスケさんに抜かれなかったのもうれしかった。レースが終わったあと、あの時(シングルでスピードダウンしたとき)スピードダウンせずにそのまま走ってれば前の人に追いつけたのかなーと思った。もっと全体的にスピードを上げて走れるようにしたい。
白馬20150802-7.jpg

目CJレース参戦にあたり、スポーツサイクルショップ「バイクルームシン」
http://bikesin.com/にサポートいただいています。

posted by Dmama at 22:45 | Comment(2) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

レースレポート(U太)全国ユース選抜MTB大会


 2015/08/09<SUN>

まちにまった全国大会
今回からJCF主催となりクラスも学年ごとではなくU15。
2年連続5位で本当に悔しいと思い、絶対に表彰台!と思い
気持ちだけは誰にも負けない気持ちだった。
何度もイメージをし、試走の時も色々考えて走り
自分はどこが速いのか、上手く走れる所を考えながらポジティブに考えた。

KOI_3424.jpg
<Photo by.Dpapa>

当日もスノーハープについて
まず最初にコースを見に行き、
その後、全体が見える場所で止まりスタートからゴールまで目でたどった。
今回は太鼓橋の途中まで登る。
昨年まではちょっとと登りすぐにドロップで下ってしまうが今回は登るのでスタートはあせらずに皆の様子を見る位の余裕を持ってスタートする事を決めていた。

先週からスノーハープで練習も沢山してきた。
太鼓橋、太鼓橋の裏の坂、奥の坂・・
坂をどう上手く登るか、一つ一つの箇所を真剣に取り組み、よく食い、よく寝て・・・
一週間、やれる事はいっぱいやった。

U17のスタートを見てからアップし、招集。
一列目に並ぶ。
そしてスタート
クリートが上手くはまり数秒間全力で加速。
流れに乗りながらあまり力を使わず登りに入る事が出来た。
登りでは徐々に順位を上げ、2位までポジションをあげて1周目を通過。

IMG_3636.JPG
<Photo by.伊東さん>

2周目が辛かった。3周あるのでいまひとつペースが分からず
後ろを見ると3、4人いた。スピードはゆるめられない。
耐える事で精一杯だった。
ただ砂利の登りなどは、何度も練習した場所なので
かなりいい感じに走れ、後方を離すことができた。
2周目も2位のまま通過。

KOI_3352.jpg
<Photo by.Dpapa>

この時点で前とはかなり離れていて、後ろとは近い。
このまま2位を守りきろうという気持ちが強くなった。
最終ラップは気持ちだけで乗り切った。
自分のチームの人だけでなく、色々な人達が応援してくれたので
すごく力が入った。
2位でゴールラインを通過した。
それと同時になぜか涙が出た。

KOI_3506.jpg
<Photo by.Dpapa>

IMG_3617.JPG

1位とは1分30秒差とかなりの差があるけど
自分にとっては大きな1歩となった。
今までは26インチだと無理かな〜と思う時もあったけど
ゴールした時はこれで良かったと思えた。
今まで以上に、このオルベアが好きになった。
レースを通して色々と大切な事があるけれど
気持ちを強く持っていた事にもこの結果が出たと思う。
これからも気持ちを大切にしたい。

KOI_3925.jpg
<Photo by.Dpapa>

そして皆さんの応援も本当に助けられました。
本当にありがとうございます。
これからも次々と目標に向けて頑張っていくのでよろしくお願いします。
本当にお疲れ様でした。

KOI_3870.jpg
<Photo by.Dpapa>

CJレース参戦にあたり、スポーツサイクルショップ「バイクルームシン」
http://bikesin.com/にサポートいただいています。

posted by Upapa at 04:54 | Comment(2) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。