2015年08月23日

レースレポート(U太)全国ユース選抜MTB大会


 2015/08/09<SUN>

まちにまった全国大会
今回からJCF主催となりクラスも学年ごとではなくU15。
2年連続5位で本当に悔しいと思い、絶対に表彰台!と思い
気持ちだけは誰にも負けない気持ちだった。
何度もイメージをし、試走の時も色々考えて走り
自分はどこが速いのか、上手く走れる所を考えながらポジティブに考えた。

KOI_3424.jpg
<Photo by.Dpapa>

当日もスノーハープについて
まず最初にコースを見に行き、
その後、全体が見える場所で止まりスタートからゴールまで目でたどった。
今回は太鼓橋の途中まで登る。
昨年まではちょっとと登りすぐにドロップで下ってしまうが今回は登るのでスタートはあせらずに皆の様子を見る位の余裕を持ってスタートする事を決めていた。

先週からスノーハープで練習も沢山してきた。
太鼓橋、太鼓橋の裏の坂、奥の坂・・
坂をどう上手く登るか、一つ一つの箇所を真剣に取り組み、よく食い、よく寝て・・・
一週間、やれる事はいっぱいやった。

U17のスタートを見てからアップし、招集。
一列目に並ぶ。
そしてスタート
クリートが上手くはまり数秒間全力で加速。
流れに乗りながらあまり力を使わず登りに入る事が出来た。
登りでは徐々に順位を上げ、2位までポジションをあげて1周目を通過。

IMG_3636.JPG
<Photo by.伊東さん>

2周目が辛かった。3周あるのでいまひとつペースが分からず
後ろを見ると3、4人いた。スピードはゆるめられない。
耐える事で精一杯だった。
ただ砂利の登りなどは、何度も練習した場所なので
かなりいい感じに走れ、後方を離すことができた。
2周目も2位のまま通過。

KOI_3352.jpg
<Photo by.Dpapa>

この時点で前とはかなり離れていて、後ろとは近い。
このまま2位を守りきろうという気持ちが強くなった。
最終ラップは気持ちだけで乗り切った。
自分のチームの人だけでなく、色々な人達が応援してくれたので
すごく力が入った。
2位でゴールラインを通過した。
それと同時になぜか涙が出た。

KOI_3506.jpg
<Photo by.Dpapa>

IMG_3617.JPG

1位とは1分30秒差とかなりの差があるけど
自分にとっては大きな1歩となった。
今までは26インチだと無理かな〜と思う時もあったけど
ゴールした時はこれで良かったと思えた。
今まで以上に、このオルベアが好きになった。
レースを通して色々と大切な事があるけれど
気持ちを強く持っていた事にもこの結果が出たと思う。
これからも気持ちを大切にしたい。

KOI_3925.jpg
<Photo by.Dpapa>

そして皆さんの応援も本当に助けられました。
本当にありがとうございます。
これからも次々と目標に向けて頑張っていくのでよろしくお願いします。
本当にお疲れ様でした。

KOI_3870.jpg
<Photo by.Dpapa>

CJレース参戦にあたり、スポーツサイクルショップ「バイクルームシン」
http://bikesin.com/にサポートいただいています。



posted by Upapa at 04:54 | Comment(2) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レースレポート(U太)CJ 白馬MTB大会


 2015/08/02<SUN>

DSC_0729.JPG

白馬のスノーハープで行われる白馬MTB大会。
1週間後に同じ場所で行うユース選手権のためにも、しっかり走っておきたいコースだった。
今回は太鼓橋の上まで全て登っていき後半には1本激坂がある。
後はラダーなどがあるシングルトラックがあったりする5200mのコースを2周。
いつもどおりのメンバーで自分は2列目の一番はしに並ぶ。

0089.jpg

そしてスタート
スタートはあせらず行き、登りでつめて行こうと思った。
なので最初は落ち着いて行き、登りでどんどん抜いて行き、良い感じで登りを終えシングルトラックへ。
今回はすごく調子が良く、全くつかれずに前の人を抜いて行き走っていく。
しかし・・・ちょっとした段差で人生初めてレースでのパンクをしてしまった。
タイヤは一瞬でちぢんでいき頭ではもうランをする事でいっぱいになったあせあせ(飛び散る汗)

0343.jpg
<Photo by.信州ふぉとふぉと館>

どんどん抜かされるごとにウルウルしてきて、フィードまでは耐えろ!と感情をこらえて走り、
フィードまでたどりつきそのまま倒れこんだ。すごく辛くて走るのがイヤになった。

0346.jpg
<Photo by.信州ふぉとふぉと館>

しかしこのままやめるのイヤだし、応援してくれている人にも失礼だし。
走りきる事だけを考え再スタート。
全力で行き、抜かれる事はなく20人位は抜いて2周走りきりゴール

DSC_1663.JPG

結果はユース登録している中ではビリ。
しかし走りきる事は出来、最終的には全力で終える事は出来た。
ただ、レースでのパンクは初めてで率直に悔しかった。
不運でもあったけど自分のミスでもある。
そこは反省であり、この事を活かして次は走りたい。
いつも以上に悔しい気持ちがあるけど、何があってもあきらめない気持ちも持てた。
なのでそういう経験が出来て良かったです。

CJレース参戦にあたり、スポーツサイクルショップ「バイクルームシン」
http://bikesin.com/にサポートいただいています。




posted by Upapa at 01:24 | Comment(1) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レースレポート(U太)シマノバイカーズ


 2015/07/25<SAT>

久しぶりのシマノバイカーズ
今回は60分XCとMトと2時間エンデューロに出た。

0065.jpg

60分XCは中学生〜39歳までのクラスだった。
コースはいつものスタートから登り、上までは行かずそのまま山の中のシングルに入り、
立体交差橋をこえてぐるぐるといって1周で1.2kmという短いコースで競う。
最初は様子をみながら行こうと思っていた。
ただ遠泳合宿あけでどのくらい行けるかも分からなかった。
でもいつものa.b.c.cupで1時間走っているので大丈夫だとも思った。
Mトパパも別のクラスで混走。
スタートは3列目位で前には出れなかったがポジションをあげて登りを終えて1周目のシングル。
ただここでは抜けないので休憩ポイントと考え毎周登りで頑張り、つまっているシングルで休みながら行く。
スタートしてからなかなかスピードが上がらす、抜かされては離されて行く。
ただ、そこであせる事なく自分の60分ペースをしっかり保とうと考えた。
そしたら徐々にペースがあがり、抜かされた人達にも追いつき抜くことが出来た。
多分、ペースが上がらなかったのはアップをしていなかったせいだろう。
(試走はしたけど)

0201.jpg

そこからはペースは落ちずに逆に上がっていき、一回も落ちる事なくゴール
結果は5位だった。


1092.jpg
<Photo by.信州ふぉとふぉと館>

2時間エンデューロはMトと2周交代でいくと決めた。
コースはちょっと長くなり1.8km。
2h2人組の3位で1周目を終え、2周で交代。その後は3周、4周づつで交代で周回を重ね、途中トラブルもなくゴール

こちらも5位だった。
エンデューロは、楽しみながらも真剣にやる事が出来て良かった。

1175.jpg
<Photo by.信州ふぉとふぉと館>

今回は久しぶりのシマノバイカーズで色んな事が出来たし、
良い感覚で走れたと思う。楽しかったです

IMG_3388.JPG



posted by Upapa at 01:05 | Comment(1) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。