2016年03月10日

レースレポート(U太)シクロクロス東京

 Cyclo Cross Tokyo 2016 〜お台場海浜公園〜
2016/02/13<SAT>

今回はいつもとは違う独特な緊張があった。
シクロクロス東京は日本最大級?!のレベルの大会でなんと言っても名物の砂浜セクション。
そしてある年は雪で大変だったり、ある年は風が強かったり、毎年自分は本領を発揮する事が出来ていなかった。
大きな大会とか去年の悔しさをはらすと思えば思うほど緊張してしまう。
試走では、砂浜で乗れない部分があり、あまりRunに自信がないので、さらに不安にさせる。そのような事は別に誰にも他の人から言われた訳ではない。
って事は、自分が勝手に緊張する方向に考えてしまっていて、自らプレッシャーを与えていたと今、ふりかえると思う

体調は良かったが、気分的な調子はあがらなかった。
D地とアップを終え、いつも通りの準備をして招集を待つ。
C3と混走だったが、U17が先にコールされ1番で呼ばれる。
スタートの位置は選ばせてもらえず、一番左に並びちょっと不利なスタート。
ただ今年初の一列目スタートで気合いが入ったし、スタート前のハッシーのガッツある応援でさらに気合いが入った。

DSC_0870 (コピー).JPG

レースは30分。
やはりスタートは微妙でD地がトップを走るのが見えた。
そしてちょい砂浜とシケインを超えて総合5番手位に。
スタートからは息を整えてまずまずだった。

DSC_0872 (コピー) - コピー.JPG


1周目は3番手で通過。
2周目の後半では自分がトップに出て一時は総合トップに出れ、U17のトップで2周目を通過。周回数は4周となり残り2周。
3周目、後半の砂浜で自分が自転車から降りたくないので手こずりながらも乗っているスキに抜かされ一定距離はなされ、その差は30秒。

1455366833244.jpg


たくさんの声援でまだ諦めないと思い頑張る。しかし、前を見るだけでなく
3位のD地が近づいている事にうすうす気が付いていた。
力をゆるめようと思っていなかったが、ますます、ゆるめられない状況に。。。
そしてラストの砂浜へ。
ラスト!と思い、とにかく全力を出して走った。D地から逃げた。
それでも砂浜を終えた瞬間、5〜10秒後ろまで差を縮められていた。
それを知り、最後まで踏みつづける。
そしてゴール。結果は2位。

DSC_0901 (コピー).JPG


1位とは1分程まで離されていて、D地とは10数秒差。
ツースリーフィニッシュは、チームとしては嬉しいかった。
でも前とのタイム差はやはり悔しい。
何がダメだったかな〜と考えた。
まずはこの差が生まれた砂浜での自分の判断ミス。
もっとまっさきに押していれば良かったと思うが、それで果たして体力がもつのかとも思った。
&砂浜が得意じゃない。というか自転車を持って自分の足で走るのが嫌い。
自転車があるなら乗ればいいと思うから。(だったらもっと乗れるようになるべし)
まぁ、そんなのは言い訳にすぎないから日々練習して次は勝ちたいです。

DSC_0906 (コピー).JPG


皆さん、サポートやアドバイスありがとうございました。
そしてあの数の声援は間違いなくチームや知合いだけの応援じゃなかったと思う。
それなのに応援して下さった方々に感謝します。本当に力になりました
ありがとうございました
これからも宜しくお願いします。
お疲れ様でした。




posted by Upapa at 23:36 | Comment(1) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。