2016年06月26日

レースレポート(T樹)びわこ高島STAGE

CJ朽木ステージ。今年初のCJレースである。長いガレキの上りと難易度の高い下りが合わさったコースである。このコースではいかに上りで前に出ることが出来るかが順位に関わってくる。

2016朽木001.jpg
召集の様子

2016朽木005.jpg
スタート直後

当日はとてもすごい風だった。🌀
そのため前日の試走とは全く違うコースと化していた。上りでは風にあおられまっすぐ進むことが出来ずに、少しでも気を抜くと穴にはまってしまったりする。
下りも同じようにバランスが悪くなり、少しのミスが大きな事故につながってしまう。実際、私より実力のある人でも、足をついてしまうようなレースだった。

2016朽木002.jpg

そのため、私は足をつかないようにていねいな走りを目指して走った。しかし、それは簡単なことでは無かった。下りは特に気を付けて走っていた。しかし、最終ラップ、ゴールまであと少しという所でパンク。

2016朽木003.jpg
パンク直前の下り

それは特に問題もなく直ぐにピットに入れたのだが、問題はその後にあった。パンクをしたのは後輪だけだと思っていたら実は前輪もパンクしており、最後の下りで前転をしてしまい、体を打つケガをしてしまった。何とかゴールは出来たが散々な結果となってしまった。

2016朽木004.jpg

パンクしたタイヤ
この時はパンクだけだと思ったが、タイヤはリム打ち数か所、後輪のリムも曲がり、身体も機材も痛いレースとなりました(父注)

CJレース参戦にあたり、スポーツサイクルショップ
「バイクルームシン」 http://bikesin.com/ よりサポートいただいています。
posted by tomoki-chichi at 22:23 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

自転車レース日記 富士見パノラマ

KK


5/29 富士見パノラマカップ

今回は、長野県にあるパノラマでレースをしました。
その日は、とても晴れていて、コンディションも良かったです。
スタート前のウォーミングアップアップは、ゆうたんと、だいちくんが教えてくれました。
なるべくたくさんかるいギアでこいだり、あまりつかれしぎないように、など、色々な事に気をつけながらやりました。


14645694964371.jpg



コースは、1.18kmを3周しました。
女子は、4人しかいませんでした。


!cid_5FBF4D8B-6C03-4728-B97F-9CE90F49226D.jpg



スタートは、かなりうまくいき、最初の上り坂では2位で、ロックセクションがあり、人がいたし、乗っても、つっかえてしまいました。


14646083786610.jpg



そしてシングルトラックに入り、上って、出たら下りに入りました。


14646960734270.jpg



手作りの坂などがあり、それをこえて2周目に入りました。


14646959603050.jpg



2周目の最初の坂りで1位の人をぬかして、1位になりました。
そのまま2周目が終わり、3周目に入りました。
3周目の上り坂が一番つらかったです。
そして、3周目は、だれにもぬかされず、1位でゴールし、結果は1位になりました。


!cid_89F5235E-551E-4FB5-BB34-05CE9B67331A.jpg



賞状や、賞品などもらい、うれしかったです。





JJ


!cid_C0C31070-5828-4535-9C4E-AC2A0D260500.jpg

5月39日
今回は、富士見パノラマでレースをしました。
晴れていて走りやすかったけど、前よりも、スタートの後の坂が長くてきつかったです。
そのあとのブロックもむずかしかったけど、最初に前転を上げて、そのあとは、こいでクリアしました。
コースは3周でした。
私は、長い坂を3回ものぼれるか心配でした。
レース前のウォーミングアップは、ゆうたんとD地と一練に坂を坂を軽いギアでのぼったり、重いギアでダンシングしながらのぼったりしました。


!cid_BC80C7BF-CE04-44E8-88B3-D671E7F41327.jpg



私は、前の方に行けど後の方からスタートしました。


14645696571420.jpg



坂りでけっこうぬかして、そのときは女子の中で2位でした。


14646959808010.jpg


その後のブロックはおして通りました。
けれど前に人がつまっていておしていました。


14646960273220.jpg



そのあと山の中にはいって、から2周目に入りました。
2周目は長い坂がきつかったです。
そのあとのブロックもつまっていて、おしてとうりました。


14646961504910.jpg



それから3周目に入ると、坂がきつくてとまりそうになりましたが、坂をのぼって、ブロックは、前に人はいませんでしたが、あせっていてと中でとまってしまいました。


14646960999590.jpg



それからゴールにむかって、絶力で走っていと1人にぬかされて、またぬかそうと思って走っていてもぬかせなくて、3位でゴールしました。


14646959093930.jpg


!cid_91772037-6515-426E-B90C-07A2D3E0CB49.jpg







U太、D地君、
KKJJのアップに付き合ってくれたり、熱い応援とサポート、ありがとうございました。
おかげでいいレース結果になりました。


14645696269940.jpg



posted by gen at 22:32 | Comment(2) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

レースレポート(U太)妙高杉の原ステージ

XCO CJ−2 妙高杉の原ステージ
2016/06/12<SUN>

今回は2度目の妙高杉の原ステージ。
ユースのメンバーは顔なじみばかりで優勝を狙っていた。
コースはスタート場所が変更されそれ以降はラストの登りまで変わらずそこから何個かに別れたシングルトラックのくだりが変更されており、前日に雨が降ったのもあり、かなりスリッピーなくだりになっていた。


24138A64-93F6-49D1-A039-769FEAB3A698.jpg

パノラマよりは足が回ってる感があるわけではなかったが、それに近いくらい体の調子は良かった。
優勝を狙うというよりは全日本まで二つのCJレースは勝つのがあたりまえくらいになるよう練習してきた。


46A0D26C-10AB-4DC3-8EC1-4616F96F48A8.jpg

スタート。
今回は全てがスタートで決まってしまった…。
ギア比はいつも通りか一枚重いくらいだった。
しかしスタートしてギアを一枚変えると同時にこの自転車二回目のチェーンを切るという最悪な事態が起きた。


1E1D4B3D-4A0F-4E78-A6BB-A5AAF4FA5665.jpg
<Photo by.伊東さん>

慌てて自転車をコースにねかせ、チェーンを取りに行き後は走るしかない。
そこからフィードまではオンロードの緩やかな登りと、コースの一番下までのくだりと、折り返してからの登りの途中まで。
ユースの人達がどんどん小さくなっていく。それが気楽にもなったが、その反面悔しさの方がとても大きかった。
去年の白馬で経験しているフィードまでの走り。そこまでで気合いを使うとその後がボロボロになってしまうから、落ち着いていく事。そしてくだりは乗れるという事。この二つの事を意識しながら出来る限りの走りをしながらフィードへ向かった。後ろからユースの3分後スタートのチャレンジが来るギリギリでフィードへ到着。
そこで呼吸を整えチェーンがつけ治るまで待つ。
そしてつけ終わる頃にはチャレンジの最終集団辺りでそこから挽回を狙った。



6B12A14C-1376-4780-9A66-1D59C73F771A.jpg
<Photo by.伊東さん>


しかしやはりランの影響ですぐにはペースを戻せず、とても辛かった。
ただくだりではチャレンジの人の前に居たかったので頑張って抜く。
その後は色々な人からたくさんの応援をもらい、
諦めちゃいけないなと改めて思い、スピードを緩めなかった。
でもすれ違いで見えるユースのトップとは一周ずつ離れていき、ランをしてあたりまえだけどトップよりはペースが遅かった。
そして付け替えたチェーンもあまり上手く噛み合ってなく、少し恐怖も感じながら走った。


908D7CFF-860B-4D14-9B9E-2B56A3F8393D.jpg

そして最後の登りやくだり区間も全力で集中しながら走り、無事にゴール。結果は7位。
もう少しでチャレンジのトップだったらしくそこまで追い上げられて良かった。
しかしこの結果になったのはただただ自分のミスであり、本当に申し訳ないしもっと前でトップで走りたかった。
でもポジションは違えど、その場所で全力で走りきれたのでレースとしての意味はあった。
今回は自分が悪いとしか言いようがない。逆にそれが原因をはっきりさせてくれて、良かった部分でもある。
ただ部活でのランが無ければここまでマトモに走れてない。部活やってて良かった。


0F7E54BB-F137-4E6F-B48D-39054ADF160C.jpg
<Photo by.伊東さん>


そしてチェーン交換をしてくれた、しんすけさん、マコトさん、Upapa、ありがとうございます。
次は絶対勝ちます!
そして全日本もいい結果で終われるよう頑張っていきます。
朝早くからサポートありがとうございました。
そしてたくさんの応援ありがとうございました。
お疲れ様でした。


CJレース参戦にあたり、スポーツサイクルショップ
「バイクルームシン」 http://bikesin.com/ よりサポートいただいています。




posted by rossi at 19:37 | Comment(2) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。