2016年09月19日

レースレポート(U太)全国ユース選抜マウンテンバイク大会

JOCジュニアオリンピックカップ/2016全国ユース選抜マウンテンバイク大会
2016/08/07<SUN>

全日本選手権と同レベルのメンバーがそろういわゆる全国大会。
その前の周に開催されたシマノバイカーズに参加し、そのまま白馬へ。

〜合宿〜
反復練習やコツ、ペース配分など色々な視点から考えながら水曜日まではガッツリ走り、その後は回復重視の生活を送った。
夏バテの影響か、今までにないほど食が進まず最高でもおかわり3杯が限界で、本当に苦労した。
でも1週間の生活リズムは崩さずに合宿を終えた。

〜前日〜
コース試走を3周し、内1周はマシュンさんと2人で走る事ができ、多くの最短ラインや次に繋がりラインどりを教わる事ができた。
ありがとうございました。
11時には試走を終え、とても暑かったので体調の為にも午後のトレーニングキャンプには参加しなかった。そのまま別荘へ戻り、こまめに水分をとる事を忘れずに早めに寝た。

〜当日〜
5時半起きで、朝食を取り皆で自走。そのまま試走をし、近くの坂でアップをしレースに備えた。招集では5番コールで1列目に並ぶ。
今回は4,4kmを4周回で距離だけでいうと全日本より長かった。
それでも最近スタートが良くないので、スタートから離されないようにくらいついて行こうと思っていた。

Gen.jpg
<Photo by.Genさん>

い.JPG
<Photo by.伊東さん>


〜レーススタート〜
ペダルキャッチにミスり少し遅れるがたいこ橋は上位集団が見える位置で登り終える。その時点では10位くらい。そこからは周りについていきペースを上げる事なく周回し、少しづつ詰めていき、決してごぼう抜きしている訳でもなく、風の抵抗が気になるホームストレート以外は自分のペースをを保って走る事ができた。

いとう.JPG
<Photo by.伊東さん>


7位で最終周へ、少し気合いがはいり、しかし、それが少しからまわりして、難しい根っこの登りで足を着いてしまった。最後の最後でミスをしてしまて、そこからは前も見えなくなり、単独でゴールまでとなった。
そしてユースクラス6位でゴール。
中学生ではトップでゴールが出来た。
来年はもうひとつ上のレベルで表彰台を争えるように頑張っていきたいです。

D1 (コピー).JPG
<Photo by.Dpapa>

そして、この暑い中、本当に沢山の応援があって
とっても力になりました。ありがとうございました。
サポートもフィードも、この一週間、別荘を貸してくれたYasukoさん、Genさん、おばぁちゃんe.t.c・・・皆さんありがとうございました
お疲れ様でした


D2 (コピー).jpg
<Photo by.Dpapa>


CJレース参戦にあたり、スポーツサイクルショップ
「バイクルームシン」 http://bikesin.com/ よりサポートいただいています。





posted by Upapa at 16:18 | Comment(1) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レースレポート(U太)全日本選手権

全日本マウンテンバイク選手権大会
2016/07/17<SUN>


富士見パノラマで開催されるがコースもひとまわりレベルが高くてむずかしいセットになっていた。

〜前日〜
前日入りしてコースをチェックした。
スタートループがあり、いっきに上まで登る2,79kmのショートコース(スタートループのコース)と4,6kmのフルコースをどちらも走った。
ロックセクションや難しい登りがあったけど、どちらもコースを通していい感じで試走を終えられた。
夜ごはんは沢山食べて(ラーメン1人前、天津飯2人前、小皿の単品色々)
しっかり寝た。


〜当日〜
コンディションをチェックするためスタートループを1周だけ試走した。
朝露と前々日の雨の影響で路面は少し滑りやすかった。
アップは駐車場までのオンロードでやった。


〜レーススタート〜

IMG_0874.JPG
<Photo by.伊東さん>

D.JPG
<Photo by.Dpapa>

スタートループ1周、コース3周のレースだった。
スタートは2列目からで、特に焦る事なくそのままの順位でスタート。
しかし、スタートして30秒〜1分位で足がキツくなってしまい、なかなか前に行けず後退。しまいには上まで登った後のロックセクションで、試走では1回もミスしなかった所で転倒。ペースも乱れるし失速していくばかり・・・


D_0189.JPG
<Photo by.Dpapa>

水をかぶって、補給もして後半は調子が良くなっていった。
足はキツいままで、踏ん張っていると順位が上がっていったが、自分があがっているというか、落ちてきている人を抜いていくような感じだった。


IMG_0877.JPG
<Photo by.伊東さん>

声援をバネに、最後まで1人づつ、隙があったら抜いていき、ゴールラインまで踏みつづけゴール。
結果7位まで挽回する事ができた。
ラストまで諦めなかった事は良かったし、のりちゃん達とやった練習の成果は十分にあった。
しかし、スタートで前に出れない事で差が開いてしまう。
スタートからくらいついて、最初からレース運びができるようにしたい。
トップからの差を考えると根本から頑張る必要もある。
次のレースに向けて練習していきます。

今回もたくさんの応援、サポートありがとうございました
お疲れ様でした。

CJレース参戦にあたり、スポーツサイクルショップ
「バイクルームシン」 http://bikesin.com/ よりサポートいただいています。




posted by Upapa at 15:20 | Comment(1) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レースレポート(U太)XCE in 前橋

Coupe du Japon CJ-2 クロスカントリーエリミネーターin前橋
2016/06/19<SUN>


久しぶりのクロスカントリーエリミネーター。
CJ2として前橋の開催は2回目で、昨年はユースクラスで準優勝だったし、妙高での悔しい気持ちもあり、今度こそは!という気持ちだった。

大会は当日入りし、ユースクラス出場メンバは知合い2人、同チーム3人の5人だった。
予選で2人、3人に分かれ、準決勝、決勝となっていた。

コースは半分位がパンプトラックで、他は草も多いのでこぎを軽くする為に
前1.5、後1.9にし走った。
予選では予選落ちが存在しなかったので、次のレースにそなえてそこそこで走った。そしたら5人中5位というタイムで3人組の方で準決勝をやる事になった。

IMG_0687.JPG


〜準決勝〜
レース招集前に少しアップしてそなえた。
スタートからストレートが長いのでのびを優先して重めのギアでセットした。
スタートした瞬間は遅れていたがのびて行って、第一コーナーをトップで走れた。
そこからは自分のペースを保ちながら焦らず後ろの様子も見ながら走った。


IMG_0897.JPG
<Photo by.伊東さん>


〜決勝〜
準決勝と同じようにアップして、招集。
スタートはギア比をあげていったのでそこまで速くなかったが、どんどんのびて第一コーナーを2番手で入る。その後、少し雨で濡れている所で後輪がめっちゃすべって失速。その事を予想して1.9→1.7に気圧を下げていたので良かった。
下げていなかったら転倒していたかもしれない。
その後、トップに追いついてラストのパンプの先でしかけようと考えていた。
その考えが上手くいきインにつく事ができトップに上がり、そのままラストの直線を踏み続けてゴール。


Image-1.jpg
<Photo by.伊東さん>

優勝する事ができ、うれしかった。
また、はっしぃーさんのレースで勝てて良かった。
この先も結果を残せるように頑張りたい。

応援ありがとうございました。


CJレース参戦にあたり、スポーツサイクルショップ
「バイクルームシン」 http://bikesin.com/ よりサポートいただいています。


posted by Upapa at 14:38 | Comment(0) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。