2015年08月30日

レースレポート(D地)CJ 白馬MTB大会2015年8月2日

今回は白馬で行われた、CJ1の白馬MTB大会に出場した。久しぶりのCJの大会。どのくらい実力がついたか分からなかったが、半分以下にならないのを目標として走った。
<前日>
今回は前の日に会場入りし、試走をした。試走は全部で4周した。コースはスタート後、太鼓橋を一番上まで上り、その後シングルに入る。そのシングルには、木の丸太で出来た一本橋があった。滑りそうだったので、ハンドルをまっすぐにし、少しスピードをつけていくことにした。そして下った後一回シングルを抜け、また違うシングルに入った。九十九折のシングルだったので後輪を滑らせないように意識して走った。その後は、砂利道を上り、下り、上り、下る。そしてシングルに入る。そのシングルにも丸太の一本橋があった。だがそこまで注意するほどではなかった。そのあとは、もう一回シングルに入り、抜けた後砂利道を上り、下る感じだった。そして下った後は、フィードがありそこで補給が出来るようになっていた。そしてフィードを過ぎたら、太鼓橋の下をくぐり、砂利道を上り、シングルを下って激坂に。激坂は、本当の激坂で試走では押していった。本番は、軽いギアでクルクルまわして上ろうと思った。そして奥のほうに行き、帰ってくる。これが1周だった。上りは、確実に足をまわし、下りはこけるギリギリまでスピードを出そうと決めた。
<当日>
自走で会場まで行き、その後試走した。試走はコース確認の1周だけにした。スタートは運良く1列目。
スタートしてすぐのぼりなので、スタートでスピードをつけようと思った。
白馬20150802-11.jpg
そしてスタートどんっ(衝撃)
ビンディングが上手くはまらず、チャレンジAに飲み込まれた。そのまま上りに入るとどんどん大人が抜かして行った。だがもっと前に行きたいと思い、ダンシングで前にいたY太とS太に追いつきついていくことにした。やっぱり2人とも速かったがここで置いていかれたら終わりだと思い、必死についていった。
白馬20150802-6.jpg
上り後、シングルに入ると、思った通り一本橋で渋滞していたが、エスケープ行くより速いと思い、焦らず一本橋を渡った。そして次のシングルに入る。試走と同じく後輪が滑らないように走り2人に喰らいつく。シングルを出て下りに。スピードが出ているため落車しないように注意した。その後の上りでY太がまさかのパンク。目標をS太にしぼり、追いかける。このときふと「Tきはどこにいるのだろう。上りで抜かされた後一回も見てないな。」という考えが浮かんだ。そのことを思いながら、前を追いかける。それの繰り返しだった。
S太に上りで差をつけられるが、下りやシングルで頑張って差を詰める。走りながら「俺ってこんな速かったっけ?調子がいいのかな」と思った。
白馬20150802-5.jpg
2周目。太鼓橋でS太が見えなくなり少し焦る。そしてシングルに入る。一本橋のところで、立っていた人に周りに人がいないのになぜか、「危険だから、スピード落として」といわれ、スピードダウン。その人が見えなくなってから、スピードをめっちゃ上げて前を追いかける。カーブの先にいると思いスピードを上げていく。しかし一向に姿が見えないままゴール。結果は自己ベストの9位ぴかぴか(新しい)。CJの大会で自己ベストが出てうれしかった。また前まで一緒に走ったときは抜かれていたシンスケさんに抜かれなかったのもうれしかった。レースが終わったあと、あの時(シングルでスピードダウンしたとき)スピードダウンせずにそのまま走ってれば前の人に追いつけたのかなーと思った。もっと全体的にスピードを上げて走れるようにしたい。
白馬20150802-7.jpg

目CJレース参戦にあたり、スポーツサイクルショップ「バイクルームシン」
http://bikesin.com/にサポートいただいています。



posted by Dmama at 22:45 | Comment(2) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいポジョションで走りきりましたね!自己ベストスコアーです。
速くなってます。
Posted by gen at 2015年09月01日 23:04
自己ベスト、おめでとう。
調子が良かったのもあるけど、自分のレースを組み立てて走ることができてるね。いいぞ!
Posted by Yos at 2015年09月10日 21:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。