2014年12月13日

MOMOメンテ、ブレーキパッド&オイル交換(^^)A

<ブレーキオイル(フルード)交換>
オイルの交換ですが、パッドが中途半端な状態でやると、あとあと面倒です。パッドが新品の状態でやらねば、と思い、タイミングをうかがっていました。(先日リアブレーキは交換ずみ)
パッドが中途半端な残量の時にやると、オイル満タン、パッド少ない状態。パッドだけ新品にするとオイルが多くて、ピストンがもどらず、パッドがディスクにはまらなくなる場合があります。
(文字では説明が難しい。。。)

シマノや他の方のサイトを参考にしました。
http://cycle.shimano.co.jp/media/techdocs/content/cycle/SI/Deore-XT/SI_0116A/SI-0116A-001-00-Jpn_v1_m56577569830746865.pdf

■はじめに
※大きく2工程、「オイルの入れ替え」と「エア抜き」
※キャリパーが外れている状態でブレーキレバーをにぎると最悪ピストンが飛び出てしまうので、注意!
※ブレーキオイルは(オートバイと同じなら)塗装面につくと、塗装がはがれることがあるので飛び散らないように。飛び散ったら水で流す。(水にとけやすいので)

■キャリパーをはずす
万一のために、プレートをはさむ
※キャリパーをはずすのは、ホースのたわみをなくし、エアがでやすくするため。

■キャリパーのニップルに7mmのレンチをあてて、ホースをとりつける
94.JPG

7mmのレンチ
94.5.JPG
7mmのレンチって意外ともってないですよね。安いのも売ってます。
(監督、snap-onじゃなくてごめんなさい(^_^;)

■レバー側にうつって、ブレーキのねじをはずし、
ブレーキオイル交換専用キットのカップをとりつけ、オイルを入れる。
92.JPG
93 (コピー).JPG

こちらがミネラルオイル
92.5.JPG

■キャリパーにもどり、7mmレンチでニップルをゆるめると重力でオイルがでてくる
※ゆるめすぎない。ホースがぬけないように注意

■下からぬけている、ということは、上のオイルが減っていくので、なくならないようにつぎたす
※なくなると一気にエアが入り、抜くのが面倒になるので、まめにチェック!

使用するオイル量は、ん〜、たしか一本の半分くらいかな。
ホースが細いのでたくさんはいりません。

※キャリパ―を少し動かしたり、コンコン軽くたたいたりすると一緒にエアがでたりします。

■ホースの中のオイルが入れ替わって、エアがでてこなければ、ニップルをしめて、フォークにとりつける。
オイルは元のがきれいだと、入れ替わったかわかりにくいですが、そこはだいたいです。

■フォークに取り付けた状態で、再度、下からぬく。(エア抜き)
キャリパ―に7mmレンチとホースをつけた状態で、
・ブレーキレバーをにぎり、ニップルをじわっとゆるめる。
・レバーが「スコンッ」となるがにぎりっぱなしにしておく
・ニップルをしめる
・レバーをにぎったり、はなしたりする
(スカスカになりますが、にぎる、はなす、を繰り返せば、あたりが出てきます。

これは、気泡がでなくなるまでですが、2、3回で大丈夫です。

※キャリパ―のニップルのなかに少し残っているオイルを吸い取ります。
ティッシュを細くして、つっこんでます。
99.JPG
何かの拍子に出てきて、オイル漏れなのか、残りが出ちゃっただけなのか、わからなくならないように。

■レバー側に移り、上からもエアを抜いて行きます。
レバーを強めににぎり、パっとはなす、をくりかえす。
94.6.jpg
94.7.jpg

何回かやったら、レバーの角度をかえて、同じことをやる
フロント側に45度向いていたら、次は水平、次は手前に45度、など。
ぷくっ、ぷくっ、と気泡が何度かでてきます
95.jpg

■やめどきですが、あきらかににぎりが、カチカチになれば大丈夫です。
次に走行するときは、途中でやわらかくなったりしないか、気にしておきましょう。
(ただ、これできかなくなったことはありません)
もしやわらかくなるようであれば、もう一度エア抜きしてみましょう。

■カップをはずします。
96.JPG
この棒をおしこんでからカップをはずします。よくできてるな〜

■マスターのまわりに、ウェスやティッシュなどをまきます。
97.JPG
表面張力になるくらい、オイルを足して、ネジをしめます。少し、オイルがあふれますが、気にせずしめます。
あふれたオイルをふきとります。
最後に作業を行った場所のボルトがちゃんとしまっているか、ブレーキはちゃんときいているか、ひきずっていないか、など確認しましょう。
終了〜!


posted by Upapa at 23:09 | Comment(3) | MOMOメンテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MOMOメンテ、ブレーキパッド&オイル交換(^^)@

ブレーキパッド&ブレーキオイル(フルード)交換をしました。
パッドはまあ抜いて、入れれば良いのですが、フルード交換は少し勇気がいりますね。
一応、私は元オートバイのメカニックで、そっちのフルード交換はイヤになるほどやりましたが、以前、「同じだろ!」と思い、MTBのHayesのブレーキフルード交換をやって結構たいへんでした。(基本は同じだと思うんですが。。。)
今回は、前調べをし、オイル交換専用キットも購入して行いました。

・ブレーキは、Shimano XT M785 です。
・ちょいコツなどを(※)でまじえながら書きます。

<まずはブレーキパッド交換>

シマノのメンテ情報はこちら
http://cycle.shimano.co.jp/media/techdocs/content/cycle/SI/Deore-XT/SI_8JZ0A/SI-8JZ0A-004-Jpn_v1_m56577569830780952.pdf

■キャリパ―をはずす
 ※真ん中のパッドが止まっているボルトを先に少しゆるめといたほうがいい
1 (コピー).JPG

■パッドのボルトの反対側のピンをはずし、パッドをはずす。
2 (コピー).JPG

■こちらがはずしたパッド。その下が新品のパッド。
3 (コピー).JPG
4 (コピー).JPG
厚みが違いますね〜(パッドの形が違うのは気にしないでください(^_^;)

■キャリパ―を清掃する。(必須ではありません)
5 (コピー).JPG
結構きれいになりました。
清掃ですが、パーツクリーナーでも良いのかもしれませんが、ピストンがプラスチックだし、なんとなく攻撃的な気がするので、水と洗剤でで洗います。

※こちらが清掃に使ったグッズ
6 (コピー).JPG
右の二つはSINに置いてあった洗車グッズですが、めちゃくちゃ使えます。(ディレイラーとか細かい部分の清掃に)
※ちなみにブレーキをにぎって、ピストンを少しだしてあげるとよりきれいにできます。ただ、飛び出ちゃうと大惨事になるので、慎重に、決して無理にやらない。

■ピストンをひらく
古いパッドをきれにして、仮組みし、マイナスドライバーでこじって開きます。開かないと、新品パッドは厚みがあるので、ディスクが入らなくなります。
6.5.JPG
開く作業ですが、もしかしたら専用工具があるのかもしれませんが、よくわかりません。

■パッドをキャリパ―にいれる
91 (コピー).JPG

※その前にブレーキのボルト(ピン)を清掃します。(必須ではありません)
パッドは動くわけですが、動く部分と動かない部分で段付きやこびりついた汚れがあったりします。1200番程度の細めのペーパーではさみ、回しながら軽〜くすりすりします。
以下はやる前とやった後です。
7 (コピー).JPG
8 (コピー).JPG

■3本のボルトをきっちりしめて終了です。
裏っかわのピンをつけるのをわすれずに!

次はフルード交換ですが、長いので別ページにします。
posted by Upapa at 22:26 | Comment(2) | MOMOメンテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

MOMOメンテ(T樹編)

先日の白馬のレース後に破壊したリアエンド金具のその後の報告。
IMG_0420.JPG
この時は、フレームが特殊で現時点で国内でエンド金具の入手は絶望的だったので、復活できるか少々不安ががく〜(落胆した顔)

自宅に戻った後、英国の某自転車通販サイトでパーツを探し、LYNSKEY製のリアエンドで形状が酷似しているものを発見したので、若干の不安(合わなかったらどうしよう)を抱きつつポチリ。同時にCUBE本国のカスタマーサポートにも、入手方法の問い合わせを実施。

待つことほぼ1週間(予想の半分以下の速さ!)で、ポチったものが到着。早速、千切れたエンド金具と形状の比較(大丈夫そうだ)。続いてフレームに組み付け(これも取り付け形状はピッタリ)。
購入したのは、アルミの地金色のままで、つまらなかったので、たまたま家に在った、自動車用のメタリックレッドのスプレー缶で色付け。塗装も乾いて、ディレイラーを組み付けようとしたら、何と!ディレイラーのプーリーの辺りが5度くらい曲がっているのを発見。恐らく、エンドが千切れてホイールやフレームと当った時に曲がったと推定もうやだ〜(悲しい顔)
仕方がないので、自転車とリアディレイラーをSINに持ち込み相談。結論は、やはりディレイラーはご臨終で買い替え決定。しかし、同じグレードの在庫はすでにどこの問屋にもなく(まぁ、9速用なので在庫がないもの仕方がないか)、SLXグレードならばあるということで、それを注文。ディレイラーのタイプも、今まではノーマルだったが、注文したのはシャドータイプでコケた時のダメージは受けにくいが、リアのアップ/ダウンの方向が逆になることに。これは慣れるしか無いと諦め。

ここで、夏休みも入るので更に一週間間が開いて、修理が完了したとSINから連絡あり、引き取ってきました。
IMG_3267.JPG
シンスケさん、ありがとうございます。

自分で塗った、エンド金具の赤もカッコ良い!

本日は、エンド金具購入の時に、送料無料目的で一緒に購入したリアのスプロケットを交換。
IMG_3265.JPG
XTグレードにしたので、数十グラム軽量化。

また、シンスケさんから、タイヤのシーラント材が減っていると指摘を受けたので、シーラント材注入。
IMG_3266.JPG

これで、無事に走れるように復活。

来週のあざみラインは、T樹はロードで良いとして、自分は軽いギア比が選べて、下りのブレーキも楽な、この自転車で行くことにしようかな。
posted by tomoki-chichi at 15:59 | Comment(4) | MOMOメンテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

KK BIKE

1年以上裏返しに付けていたライザーバー、
ついに本来の表向きに取り付けました。

IMGP2984.JPG

ちょっと広めのホワイトです。
U太のお下がりステム、110mm位あるかな・・・

IMGP2985.JPG
いけそうですよ〜〜〜


ほんと、ちょっとした事で満足感あります黒ハートIMGP2986.JPG

KK 気に入ってくれるかなあ〜〜〜るんるん
posted by gen at 23:37 | Comment(1) | MOMOメンテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

リアディレーラーつづき   チェーン交換

ディレーラーの部品がきたので交換します。
IMGP2839.JPG


すでにプレートは崩壊しはじめてます。
IMGP2840.JPG
作業は簡単、プーリーを外すと取れます。


逆に組み付けには気を遣います。
IMGP2841.JPG


2年使用のチェーン、まだ使えるけどついでに交換します。
IMGP2845.JPG
伸びはちょびっと・・・?


前のチェーンに使っていたコネックス(そんんな名前だったかな?)トラブルは無かったけど応急用の予備に置いといて、
IMGP2847.JPG




ミッシングリンク(そんなふうな名前です)新品にしました。
表裏がないのがうれしいです。
IMGP2849.JPG
ゴールド、、、ニヤリ!


ここにメモっとこ、ディレーラー品番
SHMANO RD-M780 VIA


posted by gen at 23:03 | Comment(0) | MOMOメンテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

リアディレーラー

リアディレーラー
テンションプーリーからチェーンの脱線です
しばらくこのまま走ってました
IMGP2684.JPG


プーリーの歯がぼろぼろにちびっていたので交換します
パーツはシマノ純正品、ガイドプーリーとのセットで一緒に替えとけってことだな!
IMGP2683.JPG


ところが、!
アームの裏側のプレートを外して見たら、
なんと、脱線したチェーンでかなり削れていました。
こりゃプーリだけ替えてもだめだわ・・・

IMGP2695.JPG


今日は、ここまでーふらふら
ついでに、チェーンも替えとこか〜
IMGP2696.JPG
posted by gen at 08:42 | Comment(0) | MOMOメンテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

GDカーボンライザーバー インナーチェーンリング


鳴木屋輪店さんにて、娘さんにとハンドルバーのインプレ依頼をいただきました。
グラファイトデザインのカーボンバーです。

RISEN13
IMGP2182.JPG


なんともきれいでカッコイイです
IMGP2184.JPG


もったいないけど、630mmにカットさせていただきました。
IMGP2186.JPG

さっそく明日のCSCクラシックでつかってもらいます。


インナーリング、26Tから24Tに交換します。
黒い丸いのは特殊工具!
IMGP2187.JPG


ここに使います。
正ネジなので反時計回りに、意外とかたい!
IMGP2189.JPG


左クランクを留めてるボルト2本を抜き取り、プラハンでかるくたたけば簡単に取れます。
IMGP2192.JPG


T30、ここはしっかり留まってましたがこんなスタイルで外せました。
締め付けもクランクを太ももにはさんで、めいいっぱい締め込みました。
IMGP2194.JPG


クランク取り付けは、このキャップを締めてから、ボルト2本を13Nmで締め付け(適当にやっちゃいました)ヘッドコラムと同じ要領ですね!店長!!
IMGP2196.JPG



Shoka、明日はスポーツデビューがく〜(落胆した顔)、がっくりしちゃうかな?


がんばれ!小学生女子日本一!!!


posted by gen at 18:15 | Comment(0) | MOMOメンテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

MOMOメンテ 4 チェーンリング修正 ヘッドベリング交換

JJのアウターが引っかかりまくって全く使えない!
がちゃがちゃがちゃがちゃといったい何なのか???
並走して見ているとチェーンリングからチェーンが外れない???
うちでじっくり見てたら、なんとこれ!
IMGP1145.JPG
意味が解らず、どうしてこんなことが起きるのかまったく理解不能???

よ〜く、何度も回転させていると、同じところで引っかかる。
よ〜く見るとチェーンがリングにはまりきっていない!指で押したらはまる。そして、引っかかる!
同じところで、、、
IMGP1146.JPG

これだ!!
IMGP1148.JPG
バイクロアの丸太越えでチェーンリングカバーを飛ばし、何度もヒットしてましたな〜JJ

意外と硬く、プライヤーではもどらず、ヤスリで削り落としました
IMGP1150.JPG

他の歯もボロボロ、JJチェーリングを当てちゃダメだよ〜〜〜
IMGP1151.JPG

一応、こんな感じで、まだ使えそうです。
IMGP1154.JPG

次は、ヘッドベアリング交換です。
部品と工具はこれで済むかな〜
IMGP1155.JPG

頭、緩めて
IMGP1156.JPG

スペーサー外して、
IMGP1157.JPG
そうだ、ヘッドコラムもカットしよう!

外へ出て、カットライン入れて
IMGP1158.JPG

花びら叩き込み
IMGP1159.JPG

カット
IMGP1160.JPG

ヤスリでバリ取り
IMGP1161.JPG

花びらのネジ穴は切粉だらけ、ボルト入れときゃよかった。
IMGP1162.JPG

フォーク外し
IMGP1164.JPG

出てきたベアリング、なんじゃあこれえ〜〜〜
IMGP1165.JPG

きったねえ〜しかもゴリゴリ!
IMGP1166.JPG

当然、下もです
ふき取りグリスアップ
IMGP1167.JPG

ベアイン、グリスアップ
IMGP1168.JPG

上も
IMGP1169.JPG

テーパーのスペーサーをセットして
IMGP1171.JPG

さらに、グリスのてんこ盛り
IMGP1172.JPG

そして、ベアリングキャップ側にもグリスを!
IMGP1173.JPG

やっとこさステムをセットし
IMGP1174.JPG

スペーサーをセット。
ヘッドキャップを締め付けてから45度ほどもどす。
ステムの本締め。
最後に再度、ヘッドキャップの本締めします。
IMGP1175.JPG

今回、ハンドルバーはレバー類の位置を変えずに、両端を5mmずつカットします。
こぶしからはみ出した余分な部分を減らし、シングルトラックでのヒットを軽減するねらいです。
IMGP1176.JPG

安いゴムグリップの内側をはさみでちょっきん!
IMGP1177.JPG

今回のカスタムは私が勝手に煮詰めていってるので、ライダーの要望ではありません。
ライダーは気づいてくれないでしょうなあ〜
IMGP1178.JPG

結局こんなに工具を使ってしまいました。
IMGP1179.JPG
posted by gen at 22:05 | Comment(1) | MOMOメンテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

MOMO メンテ 3 洗車

今日は(って昨日の事ですが、、)一人で洗車です。
MTB5台、ロード2台やるのであまり丁寧にはやってられません。

まずはスタンドにセット、しゃがみ込まなくていいので助かります。
大半の時間がこのチェーンの清掃ですな!百均ブラシはすぐにボロボロ
IMGP1128.JPG


カセットも後輪外さずそのままブラッシングIMGP1129.JPG


チェーリング内側、大変ですよ〜IMGP1130.JPG


他はさっさと簡単にすませ、前輪セットし自然乾燥中に次の洗車です。IMGP1132.JPG
これらを全台数こなし、シートポスト抜いて水抜き、順番にチェーン、ディレーラーの注油、シフターとブレーキレバーへの注油は忘れた!


今回こんな所にもさびが浮いているのがあり、ふき取ってグリスアップしました。IMGP1136.JPG


こちらは、ニップルの緩みでリムの振れを発見!IMGP1137.JPG


破損前の応急処置だろうな〜きっと、、IMGP1138.JPG


ところで、先日デュアスロン練習をしたループコースですが、我が家では黒トラと名づけました。
写真.JPG
posted by gen at 22:27 | Comment(4) | MOMOメンテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月09日

MOMO メンテ 2 (バーカット、ペダル交換)

今回はハンドルバーの交換とバーカット、ペダル交換作業です。

IMGP0083.JPG
KKの24インチには少々長いかと、、、

IMGP0084.JPG
グリップの抜き取りには隙間を作ってパーツクリーナーをひと吹き!

IMGP0085.JPG
ブレーキレバーとシフターを取り外します。

IMGP0086.JPG
今回は、よりライズの浅いものに交換

IMGP0087.JPG
前幅でJJと同じ56センチにします。

IMGP0088.JPG
まずは、マイブームのソーガイドソーチャク!

IMGP0089.JPG
やはりスナップオンのハックソー!マジよく切れるぜい!!

IMGP0090.JPG
かならずやすりでバリ取り、基本

IMGP0091.JPG
いつもながらピッタリねらいどうり、関心します。

IMGP0092.JPG
メカは当然仮組み、

IMGP0093.JPG
ゴムグリップの装着にもパーツクリーナーをひと吹き!ちょっと溶ける感じもするが気にしない(男)

IMGP0094.JPG
メカの位置決め、本締め!

IMGP0095.JPG
ワイヤー類が少し窮屈になってきましたが、気にしない!(男)

IMGP0096.JPG
ヘッドチューブ上のベアリングカバーとステムとハンドルバーの交換でハンドル位置が8センチ位下がりました。これでKKはもっと速くなるぞ〜〜〜
しかも、パッチンに交換だー

IMGP0098.JPG
ご存知、左のペダルは逆ねじです。

IMGP0099.JPG
グリス塗っとくと、ねじ山いためにくいと思われます。

IMGP0100.JPG
できたで〜、KK、かっこええがな〜〜どや!(20分かかった)

IMGP0101.JPG
タイヤの溝のお掃除はもうええから、ディレーラー側に倒すなっていっつも言うてるやろー!

その後、幕張のコースをセッティング完了したこの自転車で走りました。

今度のa.b.c.cupは以前の自転車(溝掃除中のやつ)、フラットペダルで行くそうですもうやだ〜(悲しい顔)











posted by gen at 23:13 | Comment(2) | MOMOメンテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。