2016年06月11日

レースレポート(D地)びわ湖高島ステージ

今回はCJ-1の初戦となる朽木高島ステージに参加した。

去年の大怪我、80%カット。そのリベンジをするために行った。

目標は無事完走!そしてスタート1位!今回は前々日入りでゆっくりする事が出来た。


<前日>

前日になり、コースマップを見るとなんと去年あった九十九折、その先の下りがなくなっていた。

去年のリベンジができなくなり残念だった。1周も短くなり少し物足りない感じだった。


<当日>

1時間前くらいにアップを開始。その後招集に行く。レースは全部で3周になった。

スタートは運良く1列目に並べた。だからスタートは第一コーナーまで1位で行こうと思った。

そしてスタート!ビンディングが上手くはまり、前に出る。


狙い通り1位でコーナーを曲がりのぼりに入る。すると後ろで「ガシャン!」と聞こえ、落車が起きる。

ユースの3分の1くらいが巻き込まれていた。気になったが振り向かず上りに入る。

だがすぐ後ろにいた人たちに抜かれ後ろの方に。けど焦らず1人ずつ抜いていこうと思いしっかり踏んでいく。

だが風が強くなかなか進めず足をついてしまった。

すぐ再び乗り走り出す。1周目は真ん中くらいで2周目へ。


前に見えているユースの子を追いかける。そして3周目に入る。

3周目は最後ののぼりで落車に巻き込まれていた人たちに抜かれゴール。


結果は18位だった。

今回は最後の踏ん張りがなかった気がした。

もっと踏ん張れるように練習していきたい。

応援してくださった皆さんありがとうございました。


(フェイスブックより写真を使わせていただきました。

ありがとうございました。)

朽木4.jpg

朽木.jpg

朽木3.jpg


CJシリーズ参戦にあたっては、バイクルームシンより、ジャージなどをサポートしていただいています。

HPhttp://bikesin.com/




posted by Dmama at 14:48 | Comment(0) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

レースレポート(U太)富士見パノラマ大会

Coupe du Japon CJ1 富士見パノラマ大会
2016/05/29<SUN>

今回は様々な気持ちで挑んだ富士見パノラマ。
朽木とアキグリーンカップでは全く結果が残らず不調続きでいた。不安にもなった、この状況で出場していいのか、もう一度練習メニューや日々の生活を見直しその上でレースに出た方がいいのか…。
いろんな事を考えたし皆さんの意見やアドバイスを受けて、とりあえず「そのレースの時点で出来ることをやるだけ」と思いレースに挑んだ。

0927DC7C-01AA-43C4-92CC-C23EB3825781.jpg

それに何のためにレースをやってるかって言ったら、自分の力を出し切り結果を残すためであり、結果を残してみんなと一緒にやりきった!と思えるためでもある。
その為にはレースに出なかったら何も生まれないしこの悔しい気持ちを持って気合いを入れてレースにぶつけた。
レースの先週はノリちゃんに鍛えてもらいレース前は色々な食材を沢山食べるようにした。
そして前日にはゴンドラで頂上まで行き、ちょっとでも高地になれるようにした。
感覚としてはかなり調子も良く前向きになれた。
レースはアドバンスと混走で⒋3キロを3周回。

328C3E1B-41AA-42FF-ABC7-FA53A301FACA.jpg

1周目
スタートはアドバンスが前でユースの勢いや全体的にユースのスピードが速い事で、前にいるアドバンスに突っ込んで落車する人が続出…。
自分は落車を目の前で3回よけながら巻き込まれずにスタートする事が出来た。
そこからロックセクションは詰まっていてそこで降り、一度落ち着き呼吸を整えた。
そこからは近くにいるユース4〜5人と走った。
今回のコースは終盤にある直登の坂や最後の登りがカギになると思っていた。
なのでそこまでは前に前に行くというわけではなく、抑え気味で行った。
そこから終盤にかけて上げていき、5位くらいで1周目を終える。

62B3FC4B-FDFB-44AB-9F6C-D197BA34150A.jpg
ハッシーとツーショット!

2周目
そこからはユースの人についていき、3位グループで走る。
別にオーバーペースではなく、丁度いいペースだった。しかし一度離れそうになり全力でついて行ったらその次の登りで3位の人に離れてしまった。
それでも4位という位置を下げたくは無いと思い全力でもがいた。


863C2F13-B3F1-4D24-A126-07FE810851B4.jpg

3週目
もうここからはただひたすら頑張るだけ。
それにいつも以上にたくさんの応援が聞こえ、諦めるなんて一切考えなかった。
それにペースも落ちていなく本当に最後まで今までに無い世界で走る事が出来た。

36E461C7-E871-48DB-A283-61E01E0A4876.jpgE4CD75F3-BBF1-4E6F-A5DC-965A6C8A4FC3.jpg
最後までもがき4位でゴール!

4位というのは今までで最高順位で正直に嬉しかった。
それに最初から最後までいつもより速い人たちがいる空間で走る事ができて、ためになることが凄くあったし、それ以上に自信がついた。
でも今まで結果が出てなかったからこの結果で嬉しいけど、これが今の実力。そして今回が一つの通過点である事を忘れずここで止まらないように。
結局今までの練習を続けても4位にしかなれない事が良くも悪くも分かったし、レースに出ることによってそのレース前後を含めて知るモノが沢山あって、やっぱり出場して良かったと思った。

84AB4978-645B-4FE5-9D95-59830A05A257.jpg
クーちゃん

そして本当に沢山の応援が響きました。その応援の声の中で応えられなかった事もあったけど、それを次の目標の一つにして気合いを入れて練習していきます!
本当に応援、サポートありがとうございました。
お疲れ様でした。


CJレース参戦にあたり、スポーツサイクルショップ「バイクルームシン」
http://bikesin.com/ にサポートいただいています。



posted by rossi at 07:10 | Comment(2) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

レースレポート(U太)びわこ高島ステージ

Coupe du Japon びわこ高島ステージ
2016/05/03<TUE>


CJ開幕戦の朽木高島ステージ。
毎日ローラー台やランなどトレーニングをしてきたが、
1ヶ月くらい前から徐々に調整し、体を休めていった。
前日試走では調子がよく、自転車もいい状態で良い方向に進んでいた。
ただ少し右ひざが痛く、頭がジンジンしていた。

コースはつづらがカットされ、2.4km×3周となった。
いつもどおりアップをしてレースに備えた。
ユースは23人のエントリーで、上位にリザルトが残る人ばかり。
集中して気合いをいれて挑もうと思った。


IMG_0612.JPG


スタートはうまくいき、トップ集団についていったが徐々に離れていった。
その後足が回らずどんどん抜かれていき、おかしい・・と感じたが、一旦落ち着いた。
でも腰も痛くなってきて、足も回らないし、リタイヤも考えたが、
ピットや応援してくれる人からのアドバイスもうけて走りきろうと思った。
その後もまわりについていけず、それでも1周目よりはよくなって、ゴールした。


IMG_0614.JPG


理由はわからないが不本意に終わってしまい正直に悔しい。
根本から練習の気持ちを入れ替えてとりくんでいきたい。
次のパノラマで変化があるか分からないけど、
その次、また次を見据えて頑張っていきたい。

応援、サポートありがとうございました。


CJレース参戦にあたり、スポーツサイクルショップ「バイクルームシン」
http://bikesin.com/ にサポートいただいています。



posted by Upapa at 23:28 | Comment(0) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

レースレポート(U太)a.b.c.cup

2016/4/24 〈Sun

久しぶりに出場したa.b.c.cup。
前日に霞ヶ浦100キロツーリングをして、集中力や長時間乗った疲れとなぜか分からないけど左膝が痛かった。でも乗っている分には大丈夫そうだった。
ハンドルのグリップをとうもろこしの黄色いものにチェンジし、いつも通りコース試走した。


20160428191828616.jpg
黄色いとうもろこしグリップ🌽


コースは広場の草原を大幅にカットし、1周が2分台で走ることのできるコースに変更。
いつも以上に周回数が多くなると思った。
そして久しぶりに最後尾に並びupapaと
「3周でトップまで行く」と決めた。
だからなおさらスタートでどこまで行けるかが重要になった。
自分は一番右側の土手になっている斜めの場所からスタートすることにした。そこは斜めということもあって自転車1台分が開いており、うまくいけばその一直線をスルスルと抜け出す事が出来る。
なのでスタートは5番手までくらいを目指して挑んだ。


20160428193854750.jpg
momoは全員後ろから🍑


そしてスタートは完璧で動画で確認したところ、第1コーナーで13番まであげて30人をパスすることが出来た。
その後順調に一人ずつ抜いていき、遂に3周目には1位集団の2人にパックに合流し3人がトップ争い。
1人が少し飛び出していたが見える位置だったので無理に追いかけることはせず、落ち着いて走った。


20160428195556634.jpg


その何周後かにトップがシングルトラックでトラブル。その間に一気にパスし、そこから今度は自分が一歩前に出て少し離してその距離を保った。
そうすると徐々に離れていき20秒〜30秒前で自分が単独トップで走行。
そのままラスト15分までは周回遅れも声をかけパスし、何事もなく自分のペースが刻めていた。


20160428210414463.jpg
20160428210423554.jpg
途中momo3人が偶然パックになる📷


そしてみんながラストスパートをかけてきて本部のアナウンスやteamからの「何秒近づいてるor離れてる」を毎周言ってくれてそれで対応することが出来た。
そして最終的に2位以下に1分差をつけて意外にもa.b.c初のバリバリ優勝🏆
そんな気がしないけど凄く嬉しかった。


20160428210442757.jpg


今回は凄く自分のペースが保つことができて安定したレースが出来た。
そして周回遅れで詰まって上手くいかないこともなかった。(トップにいて落ち着けた事もあって)
しかし腰が曲げると激痛が起こるくらい痛くてキツかった。


20160428210450910.jpg
バリバリ初優勝❗


ちょっと話がそれるが、最近話題になって最近また聞かなくなってきた「ルーティン」
ルーティンというと最近話題になっただけで、昔からどのスポーツ選手もトップクラスの人は必ずと言うくらいやってる気がする。(やって方がいいと言っている)
自分もラグビーで盛り上がった頃から何か考えようと思い、I山さんがやっていたバイクの点検をしながら「今日は頼んだぞ」と思いを込める。
その点検や言葉の内容は自分なりのもので良いけど統一しないと意味がないと思う。だから自分で練習もレーススタート前も同じ動作で点検を兼ねたルーティンを最近までずっとやっていた。


20160428210459789.jpg
本番前のルーティン🎵


当たり前だけど本番だけやったら何の意味もないから日常の練習の始まりや、いつでも出来る自然と覚えられるものが良いと思った。
少し考えた結果、長々するよりは簡単なものが良いかなと思い自分が好きなバイクレーサーのバレンティーノ・ロッシがやっているのを似せたものにしようと決めた。(昔の動作からロッシのものに変えようと決めた。)
ロッシはレース本番前にバイクの横にしゃがみスッテプを握るというルーティン。


20160428210505484.jpg
ピット前で必ずやってバイクに乗るロッシ


自分も今回のスタート前、並んでいるときしゃがんでダウンチューブの下側を持ち3回深呼吸をする。という外から見たらロッシみたい!?な動作を入れた。
まだ始めたばかりで(このルーティンを)CJも始まっちゃうし一旦は昔のルーティンどちらもやり、少しずつロッシルーティンだけにしたいなと思う。
でもルーティンてやろうとしてやるもんじゃないっていうか、普段の緊張してない練習と同じようにするためにやるもんだと思う。
ここまで言ってあれだけど「ルーティンをやる」と思わずにやらないと普段と一緒にはならない…。(普段から「ルーティンをやる」と思いやれば別の話だけど)
とにかく練習と統一しいつも通りの状態をつくる事が大事だと思うのでこれからやっていきたい。


20160428215033309.jpg

今回も応援、サポート、そして主催者さんありがとうございました‼
お疲れ様です。


posted by rossi at 20:53 | Comment(3) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

レースレポート(D地)シクロクロス東京

2016年2月13日土曜日 晴れ

今回出場したのは、去年参加できなかった東京お台場シクロクロス!日本の大きいシクロクロス大会の一つで観客もたくさん集まるレースだった。
エントリーしたのは、U17。目標はスタート後の砂浜まで1位!
コースにはシングルトラック、そしてレース最大の見所、長い砂浜など色々な要素が入っていた。砂浜は事前練習をして自信があったが実際走ってみると長く、本番は砂が固まっているところ以外は押そうと思った。
02289_Capture.jpg

スタートはC3と混走でU17が前に並んだ。ゼッケンが3番だったので1列目に並ぶ事が出来た。
そしてスタート!少しビンディングがはまるのが遅かったがはまった瞬間全力ダンシングで前に出る。
02290_Capture.jpg

目標通り砂浜まで1位には入れたので、後はもう全力をだして気持ちよく走ろうと思った。そしてシングルトラックに入って、出て砂浜セクションに入る。そこでY太に抜かれ3位に。砂浜はすぐにおりてラン!
02300_Capture.jpg

そしてそのままY太の背中が見えるところで2周目に。2周目も終わって3周目に入ると、Y太と少し差が開いたとアナウンス聞いて、このままいつもどおり離れるんじゃなくてつめてみようと思い、陸上部の成果を信じ、砂浜でペースを上げる。しかしシングルトラックで離れる。そして4周目。
02307_Capture.jpg

ラストの砂浜でY太の背中が大きく見えラストスパートをかける。そしてゴール!わずかに10秒足らず3位に。悔しい気持ちもあったが、何よりY太と10秒という差でゴールできたのがうれしかった。
02308_Capture_1.jpg

そして初めて部活の成果が出てると感じる事が出きたレースだった。シクロのシーズンは終わって次はマウンテンのシーズンなのでそれでも結果を残せるようにしたい。応援してくれた皆さんありがとうございました!
20160213-1.JPG
posted by Dmama at 21:13 | Comment(2) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レースレポート(D地)湘南シクロクロス・大磯

2016年1月30日雨

今回出場したのは、大磯で行われた湘南シクロクロス!!C4にエントリーをした。目標は1位!
1周間前にコース作りをしに行ったためコースは何となく頭に入っていた。
コースはシクロクロスというよりMTBに近いコースだった。
当日は雨でコンディションは最悪。レーススタート前にY太のレースをみて、タイヤにすごい泥がついて進んでなかったので自分もならないか心配だった。

スタートはやはりマウンテンバイクなので一番後ろからだった。
上りからのスタートなので最初は普通に走るくらいで集団の真中くらいに位置取りをしようと思った。レースは約30分。4周くらいと思ってのぞんだ。
そしてスタート!
02281_Capture.jpg

思ったよりスピードは遅く普通に走っているだけでも3,4番目くらいに行く事が出来た。そのまま山の中に入る。
02285_Capture.jpg
しかし、泥のセクションでまさかの前輪に泥がつまりすかさず泥を取る。そしてラン。
02283_Capture.jpg
02286_Capture.jpg
あとはもうその繰り返しだった。終盤に近づくにつれ、足の疲労もピークになる。
02287_Capture.jpg
02287_Capture_2.jpg
そしてゴール!結果は7位。ランとレース中の考えに反省が残った。
次はもっと良い走りをしたい。続きを読む
posted by Dmama at 20:54 | Comment(0) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

レースレポート(U太)シクロクロス東京

 Cyclo Cross Tokyo 2016 〜お台場海浜公園〜
2016/02/13<SAT>

今回はいつもとは違う独特な緊張があった。
シクロクロス東京は日本最大級?!のレベルの大会でなんと言っても名物の砂浜セクション。
そしてある年は雪で大変だったり、ある年は風が強かったり、毎年自分は本領を発揮する事が出来ていなかった。
大きな大会とか去年の悔しさをはらすと思えば思うほど緊張してしまう。
試走では、砂浜で乗れない部分があり、あまりRunに自信がないので、さらに不安にさせる。そのような事は別に誰にも他の人から言われた訳ではない。
って事は、自分が勝手に緊張する方向に考えてしまっていて、自らプレッシャーを与えていたと今、ふりかえると思う

体調は良かったが、気分的な調子はあがらなかった。
D地とアップを終え、いつも通りの準備をして招集を待つ。
C3と混走だったが、U17が先にコールされ1番で呼ばれる。
スタートの位置は選ばせてもらえず、一番左に並びちょっと不利なスタート。
ただ今年初の一列目スタートで気合いが入ったし、スタート前のハッシーのガッツある応援でさらに気合いが入った。

DSC_0870 (コピー).JPG

レースは30分。
やはりスタートは微妙でD地がトップを走るのが見えた。
そしてちょい砂浜とシケインを超えて総合5番手位に。
スタートからは息を整えてまずまずだった。

DSC_0872 (コピー) - コピー.JPG


1周目は3番手で通過。
2周目の後半では自分がトップに出て一時は総合トップに出れ、U17のトップで2周目を通過。周回数は4周となり残り2周。
3周目、後半の砂浜で自分が自転車から降りたくないので手こずりながらも乗っているスキに抜かされ一定距離はなされ、その差は30秒。

1455366833244.jpg


たくさんの声援でまだ諦めないと思い頑張る。しかし、前を見るだけでなく
3位のD地が近づいている事にうすうす気が付いていた。
力をゆるめようと思っていなかったが、ますます、ゆるめられない状況に。。。
そしてラストの砂浜へ。
ラスト!と思い、とにかく全力を出して走った。D地から逃げた。
それでも砂浜を終えた瞬間、5〜10秒後ろまで差を縮められていた。
それを知り、最後まで踏みつづける。
そしてゴール。結果は2位。

DSC_0901 (コピー).JPG


1位とは1分程まで離されていて、D地とは10数秒差。
ツースリーフィニッシュは、チームとしては嬉しいかった。
でも前とのタイム差はやはり悔しい。
何がダメだったかな〜と考えた。
まずはこの差が生まれた砂浜での自分の判断ミス。
もっとまっさきに押していれば良かったと思うが、それで果たして体力がもつのかとも思った。
&砂浜が得意じゃない。というか自転車を持って自分の足で走るのが嫌い。
自転車があるなら乗ればいいと思うから。(だったらもっと乗れるようになるべし)
まぁ、そんなのは言い訳にすぎないから日々練習して次は勝ちたいです。

DSC_0906 (コピー).JPG


皆さん、サポートやアドバイスありがとうございました。
そしてあの数の声援は間違いなくチームや知合いだけの応援じゃなかったと思う。
それなのに応援して下さった方々に感謝します。本当に力になりました
ありがとうございました
これからも宜しくお願いします。
お疲れ様でした。


posted by Upapa at 23:36 | Comment(1) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

自転車レ〜ス日記 a.b.c.cup 最終戦

KK

2/28 abc カップ

今回は五年生星後のabcカップでした。
でも今回は、最終戦なのだから沢山人が来ていたので、楽しかったけど、上位に入ることがむずかしかったです。
コースはいつもと同じ様なコースでした。
スタートは、すごく良かったです。
でも、そのあと、速い人たちに少しぬかされてしまったけど、その後ろを追っていたらけっこうはなされてしまったけど、3周走り終えて、結果は5位でした。
次は、ソロのレースでした。
スタートの前にみんなとアップをしました。
今回の私の目標周回は14周でした。
前回は13周だったので、1周増やして14周にしました。
スタートはかなり良い場所にならべて良いスタートだと思ったけど、前の方で事故があったので、少し失敗してしまいました。
でも、なるべく前のほうへ行き、と中でパパやママに水をもらいながら、1時間走りました。
すると、結果はなんと17周。
予想以上に走れたので、良かったです。
今回は、晴れていたし、レース前にみんなでアップもしていたので、そのおかげだと思いました。
年間ランキングも2位になれたし、次は6年生になるので、18周を目ざして
がんばりたいです。


14568187236550.jpg
ケイデンス150回でウォームアップ!


14568188484421.jpg



14568188985332.jpg
うまく取って飲んだらママに渡してね〜


14568190695320.jpg
やったね!かんかん!!17周!!!




JJ

2/28 

今回のレースは、a.b.c.カップの最終選でした。
晴れていて走りやすかったです。
スタートはうまくいって、いい位置につけました。
でもその後、かんなにぬかされてしまい、少しギアを上げて走っていました。
後ろは離れていたのであまり気にしていなかったけど、3周目あたりで後の人が近くに来ていたことを知って、ぬかされないように走っていたらぬかされてしまい7位でゴールしました。
1時間ソロでは13周を目標にしていました。
スタートしてからすぐに上でだれかがころんでその集合をさけながら走りました。
最初は後のためにゆっくり走っていましたが、ゆっくり走っていると前みたいにおそくなってしまうのでスピードをあげました。
その後ひーちゃんにぬかされて、ついていこうとしましたがすぐにはなされてしまいました。
その後かんなにぬかされないように走りました。
その後ゴールして16周も走れてうれしかったです。


14568189873306.jpg
おらおら がんばれ〜〜〜



14567398378670.jpg
そろそろ1時間ソロ



14567398837180.jpg
がんばってね〜〜〜



14567399147410.jpg
よしよし(^_^)ノ



14568190515739.jpg
がんばったなぁ〜〜〜





次回は4月24日
本年度の表彰もあるようです。




posted by gen at 23:17 | Comment(0) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

レースレポート(U太)シクロクロス千葉

CYCLOCROSS CHIBA2016 
2016/02/07<SUN>  

今回はモトクロスなども行うダートコースで開催されたシクロクロス千葉。
C3と大地とペアで1時間耐久に出た。
コースは車も走る所なので道幅が広く、抜きどころも多い。
そして路面は土メインだが結構じゃりも多く、シクロバイクだとスベリやすいがMTBなら常に良いラインを走る事ができ有利だと思った。
一周が800mとかなり短く、試走でゆっくり走って3分。30分のレースなので10周以上は確実だと考えた。
という事で、抜きどころも多いしトップの見える位置で焦らず前へ行こうと思った。


DSC_0786 (コピー).JPG
試走後、レースまでの間、WAKO'S さんに洗車をして頂きました〜
そのおかげで優勝できたかも・・・
運良く?! U太・D地・のりちゃんの3台が並んで洗車(笑)


そして、今回の目標として一度はトップにでる!なので1位から離れないようにくらいついて行こうと思った。
いつも通りMTBは最後尾スタート。


DSC_0787 (コピー).JPG

スタートはかなり良くて真ん中よりは前まで行けた。その後のコーナリングで皆が外側を行く所をいっきにインコースに入り、いっぺんに数人をパス。5番手位まで順位を上げた。
その後もコーナリングを自分のラインどりをしていると自動的に順位をあげることができ、運良くあいた所をいっきに攻めて1周目はトップ通過する事ができた。


1455072577329.jpg

ここで目標は達成。
でもここで終わるわけではない。
トップ争いは3人となり、抜きつ抜かれつで2,3周。
一人がじゃりにとられスリップで転倒。そこで自分が先頭に。
そのまま離れて行き、単独となった。残りの8周位を地道に周回を重ねる。
最後の周まで手を抜かずゴール。
C3初優勝!
今シーズンのうちにC3で優勝する事が出来て良かった

1455072598678.jpg
レース後、うしさんのインタビュー♪


そして午後、1h耐久。
クラス分けは無く20〜30組がエントリー。
仮装O.Kでたくさんの面白い人達と走った。
スタートから1位争いでキクミミさんがすごく速かった。でも諦めずに先の事は考えず着いていった。そしてスキが見えた所で前に出て引き離した。

1455072582553.jpg

ラストは大地はパスし、応援に。
2人で平均的に走り、見事優勝
個人も耐久も1位をとれたのは3回目だと思う。
1位をとるのは嬉しい事だし、次への自信やまた一つ上のクラスを想像できる良い機会をつってくれる。やはり努力して何かが欲しいかって言ったら結果なんだから、どんな時でもどんよく上を目指していきたい。
今回も応援、サポートありがとうございました。
お疲れ様でした

DSC_0842 (コピー).JPG
仮装の方々にも楽しませてもらいました〜
いつか仮装で走ってみたいものです・・・




posted by Upapa at 23:41 | Comment(0) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

レースレポート(U太)湘南シクロクロス・大磯

湘南シクロクロス・第4戦(大磯)
2016/01/30  / 


一週間前に練習がてら試走に来た、大磯での湘南シクロ。
前日から当日の朝まで雨が降り、山の中のコースなので水はけは悪く、土がべちょべちょでかなりのドロレースが予想された。
コースはCJにもありそうな難しい所や、下りなんかは雨の影響で乗るか乗らないか迷わせる感じで、下りのラストには激坂下りがあり着地の場所は、土が多くタイヤをとられる感じを上手くおさえながら下る場所もある。
MTBなら行けるという所も何か所かはあり、充分狙って行けると思った。

1454520033624.jpg

スタートは唯一のオンロードで登り。幅が狭いので一列3人と少なく6列目位に並んだ。
そしてスタート。スタートでペダルが外れ少し出遅れるもオンロードでは11番手位。
スタートが登りなのもあって、心拍は上がり最初からキツかった。
気がつくと5番手位まであがった。
周回数は5周となったが、1〜2周目あたりからタイヤとフレーム、そしてサスの所に付けていたドロよけが逆効果で土が詰まり始めた。度々止まって、手でドロを取って・・・
こんなにも土が詰まったのは初めてだった。
タイヤが全く動かないほどで、とってもすぐに詰まってしまう。
ドロドロで自転車には乗れず、かなりの距離を走り、やっと乗れると思ったらくたくたで踏む気が無くなっていて、スピードは歩いているくらいの感じだったと思う。
下りと思っても、路面を考えると気持ちはゆるめられない。むしろ集中する。

collage-1454763545065.jpg

全く休む場所が無く、本当は走らなきゃいけない押しの時にも歩きになってしまう場面があった。
結果は4位。でもいい手応だった。
今回はドロドロで他のレースとは違った展開だった。
次のレースも最後まであきらめずにやっていきたい。

collage-1454513827286.jpg_20160204_005024 (コピー).JPG

こんなドロレースの中、応援ありがとうございました
お疲れさまでした


posted by Upapa at 23:49 | Comment(2) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。