2016年07月13日

自転車レース日記 全国大会

KK


7/3 全国大会(まくはり)

今回は、第15回、全国大会でした。
その日は、すごく晴れていて、とても暑かったです。
でも、湖風が強くて、少しは良かったです。
サーキットは、全国大会なのに、四人しかいませんでした。
コースは、1900mを30分はしるコースでした。
スタートして草の道を通って、手作りの坂をのぼっていつものabcカップのコースをはしりました。
スタートは、かなりうまくいき、前の人と少しはなれてしまったけど、草のコースは、スピードを出して、しばらくしたら、周回数は、4周という事が分かりました。
けんこう長いな・・・。と思ったけど、がんばってはしりました。
結果は2位
メダルをもらえてうれしかったです。
つぎに、じゅりといっしょに、1時間体きゅうレースがありました。
スタートはじゅりで、次に私でした。
足くびにつけたバンドをはずして、次の人につけるようになっていました。
私は、全部で5周しました。
風が強くておされたり、大へんな事もあったけど、スピードをおとさずにゴールできて良かったです。
そして、結果は1位
と言っても2組しかいなくて、メダルをもらえなかったけど、結果は良かったので、次もがんばりたいです。
おわり



JJ

7月3日(日)

今回は、幕張で全国大会のレースをしました。
晴れていたけど、風がふいていたので、あまり暑さは感じませんでした。
スタートは、6年生の女子と男子がいっしょにスタートしました。
私は前と横に人がいて、前に行けませんでした。
その後の↗↘こうゆうスベリ台みたいな所で、前に人がつまっておしていこうと思ったらすべって、なかなか通れませんでした。
その時にけっこう人にぬかされてしまいました。そのあと、いつもの幕張のコースに入りました。
後ろにしゅうやがいることに気がついて、ぬかされないように、走りました。
けれど、最後の水をうけ取る所でぬかされてしまいました。
それから2週目に入って後の5年生の女子にぬかされないように走ったけど、3週目にぬかされてやる気をなくしてしまい3位でゴールしました。


IMGP1142.JPG


IMGP1143.JPG


IMGP1150.JPG


IMGP1162.JPG


IMGP1171.JPG


IMGP1196.JPG


14677771798761.jpg


14677770469670.jpg


IMGP1215.JPG


14677771593690.jpg
posted by gen at 22:17 | Comment(1) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

レースレポート(T樹) CJ-2 妙高杉ノ原STAGE

CJ−2 妙高杉ノ原ステージ、今回のコースは長いストレートと上りのある体力の必要なコースである。
私は学校のため、土曜日の試走には間に合わず、土曜の夜に現地入りしたが、当日コースに入ってみると暑さもあり、想像以上に苦しいレースが予想できた。

2016妙高004.jpg
アップ中↗

勝つためには、初めから前に出る必要がある。

2016妙高001.jpg
ほぼ、バイクルームシンMOMO と 2020Limited846/Team-Kのメンバー

そのため、スタートから前に出た。長いストレートだったこともあり、第一カーブまでに2位まで順位を上げることが出来た。
その後、しばらくは集団内で走っていたが、カーブで遅れ、その少しの差を上りで離されてしまい、集団から落とされてしまった。

2016妙高003.jpg
2016妙高002.jpg
2016妙高006.jpg

その後は、楽にスピードをあげることが出来る集団内とは違い、ペースダウンしてしまった。
抜かされることはなかったが、その後は一人も抜けずゴールする結果となった。

2016妙高005.jpg

ゴール!

課題としては、集団の中でも生き残るための体力が必要なことがわかった。

CJレース参戦にあたり、スポーツサイクルショップ
「バイクルームシン」 http://bikesin.com/ よりサポートいただいています。
posted by tomoki-chichi at 00:03 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

レースレポート(T樹)びわこ高島STAGE

CJ朽木ステージ。今年初のCJレースである。長いガレキの上りと難易度の高い下りが合わさったコースである。このコースではいかに上りで前に出ることが出来るかが順位に関わってくる。

2016朽木001.jpg
召集の様子

2016朽木005.jpg
スタート直後

当日はとてもすごい風だった。🌀
そのため前日の試走とは全く違うコースと化していた。上りでは風にあおられまっすぐ進むことが出来ずに、少しでも気を抜くと穴にはまってしまったりする。
下りも同じようにバランスが悪くなり、少しのミスが大きな事故につながってしまう。実際、私より実力のある人でも、足をついてしまうようなレースだった。

2016朽木002.jpg

そのため、私は足をつかないようにていねいな走りを目指して走った。しかし、それは簡単なことでは無かった。下りは特に気を付けて走っていた。しかし、最終ラップ、ゴールまであと少しという所でパンク。

2016朽木003.jpg
パンク直前の下り

それは特に問題もなく直ぐにピットに入れたのだが、問題はその後にあった。パンクをしたのは後輪だけだと思っていたら実は前輪もパンクしており、最後の下りで前転をしてしまい、体を打つケガをしてしまった。何とかゴールは出来たが散々な結果となってしまった。

2016朽木004.jpg

パンクしたタイヤ
この時はパンクだけだと思ったが、タイヤはリム打ち数か所、後輪のリムも曲がり、身体も機材も痛いレースとなりました(父注)

CJレース参戦にあたり、スポーツサイクルショップ
「バイクルームシン」 http://bikesin.com/ よりサポートいただいています。
posted by tomoki-chichi at 22:23 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

自転車レース日記 富士見パノラマ

KK


5/29 富士見パノラマカップ

今回は、長野県にあるパノラマでレースをしました。
その日は、とても晴れていて、コンディションも良かったです。
スタート前のウォーミングアップアップは、ゆうたんと、だいちくんが教えてくれました。
なるべくたくさんかるいギアでこいだり、あまりつかれしぎないように、など、色々な事に気をつけながらやりました。


14645694964371.jpg



コースは、1.18kmを3周しました。
女子は、4人しかいませんでした。


!cid_5FBF4D8B-6C03-4728-B97F-9CE90F49226D.jpg



スタートは、かなりうまくいき、最初の上り坂では2位で、ロックセクションがあり、人がいたし、乗っても、つっかえてしまいました。


14646083786610.jpg



そしてシングルトラックに入り、上って、出たら下りに入りました。


14646960734270.jpg



手作りの坂などがあり、それをこえて2周目に入りました。


14646959603050.jpg



2周目の最初の坂りで1位の人をぬかして、1位になりました。
そのまま2周目が終わり、3周目に入りました。
3周目の上り坂が一番つらかったです。
そして、3周目は、だれにもぬかされず、1位でゴールし、結果は1位になりました。


!cid_89F5235E-551E-4FB5-BB34-05CE9B67331A.jpg



賞状や、賞品などもらい、うれしかったです。





JJ


!cid_C0C31070-5828-4535-9C4E-AC2A0D260500.jpg

5月39日
今回は、富士見パノラマでレースをしました。
晴れていて走りやすかったけど、前よりも、スタートの後の坂が長くてきつかったです。
そのあとのブロックもむずかしかったけど、最初に前転を上げて、そのあとは、こいでクリアしました。
コースは3周でした。
私は、長い坂を3回ものぼれるか心配でした。
レース前のウォーミングアップは、ゆうたんとD地と一練に坂を坂を軽いギアでのぼったり、重いギアでダンシングしながらのぼったりしました。


!cid_BC80C7BF-CE04-44E8-88B3-D671E7F41327.jpg



私は、前の方に行けど後の方からスタートしました。


14645696571420.jpg



坂りでけっこうぬかして、そのときは女子の中で2位でした。


14646959808010.jpg


その後のブロックはおして通りました。
けれど前に人がつまっていておしていました。


14646960273220.jpg



そのあと山の中にはいって、から2周目に入りました。
2周目は長い坂がきつかったです。
そのあとのブロックもつまっていて、おしてとうりました。


14646961504910.jpg



それから3周目に入ると、坂がきつくてとまりそうになりましたが、坂をのぼって、ブロックは、前に人はいませんでしたが、あせっていてと中でとまってしまいました。


14646960999590.jpg



それからゴールにむかって、絶力で走っていと1人にぬかされて、またぬかそうと思って走っていてもぬかせなくて、3位でゴールしました。


14646959093930.jpg


!cid_91772037-6515-426E-B90C-07A2D3E0CB49.jpg







U太、D地君、
KKJJのアップに付き合ってくれたり、熱い応援とサポート、ありがとうございました。
おかげでいいレース結果になりました。


14645696269940.jpg



posted by gen at 22:32 | Comment(2) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

レースレポート(U太)妙高杉の原ステージ

XCO CJ−2 妙高杉の原ステージ
2016/06/12<SUN>

今回は2度目の妙高杉の原ステージ。
ユースのメンバーは顔なじみばかりで優勝を狙っていた。
コースはスタート場所が変更されそれ以降はラストの登りまで変わらずそこから何個かに別れたシングルトラックのくだりが変更されており、前日に雨が降ったのもあり、かなりスリッピーなくだりになっていた。


24138A64-93F6-49D1-A039-769FEAB3A698.jpg

パノラマよりは足が回ってる感があるわけではなかったが、それに近いくらい体の調子は良かった。
優勝を狙うというよりは全日本まで二つのCJレースは勝つのがあたりまえくらいになるよう練習してきた。


46A0D26C-10AB-4DC3-8EC1-4616F96F48A8.jpg

スタート。
今回は全てがスタートで決まってしまった…。
ギア比はいつも通りか一枚重いくらいだった。
しかしスタートしてギアを一枚変えると同時にこの自転車二回目のチェーンを切るという最悪な事態が起きた。


1E1D4B3D-4A0F-4E78-A6BB-A5AAF4FA5665.jpg
<Photo by.伊東さん>

慌てて自転車をコースにねかせ、チェーンを取りに行き後は走るしかない。
そこからフィードまではオンロードの緩やかな登りと、コースの一番下までのくだりと、折り返してからの登りの途中まで。
ユースの人達がどんどん小さくなっていく。それが気楽にもなったが、その反面悔しさの方がとても大きかった。
去年の白馬で経験しているフィードまでの走り。そこまでで気合いを使うとその後がボロボロになってしまうから、落ち着いていく事。そしてくだりは乗れるという事。この二つの事を意識しながら出来る限りの走りをしながらフィードへ向かった。後ろからユースの3分後スタートのチャレンジが来るギリギリでフィードへ到着。
そこで呼吸を整えチェーンがつけ治るまで待つ。
そしてつけ終わる頃にはチャレンジの最終集団辺りでそこから挽回を狙った。



6B12A14C-1376-4780-9A66-1D59C73F771A.jpg
<Photo by.伊東さん>


しかしやはりランの影響ですぐにはペースを戻せず、とても辛かった。
ただくだりではチャレンジの人の前に居たかったので頑張って抜く。
その後は色々な人からたくさんの応援をもらい、
諦めちゃいけないなと改めて思い、スピードを緩めなかった。
でもすれ違いで見えるユースのトップとは一周ずつ離れていき、ランをしてあたりまえだけどトップよりはペースが遅かった。
そして付け替えたチェーンもあまり上手く噛み合ってなく、少し恐怖も感じながら走った。


908D7CFF-860B-4D14-9B9E-2B56A3F8393D.jpg

そして最後の登りやくだり区間も全力で集中しながら走り、無事にゴール。結果は7位。
もう少しでチャレンジのトップだったらしくそこまで追い上げられて良かった。
しかしこの結果になったのはただただ自分のミスであり、本当に申し訳ないしもっと前でトップで走りたかった。
でもポジションは違えど、その場所で全力で走りきれたのでレースとしての意味はあった。
今回は自分が悪いとしか言いようがない。逆にそれが原因をはっきりさせてくれて、良かった部分でもある。
ただ部活でのランが無ければここまでマトモに走れてない。部活やってて良かった。


0F7E54BB-F137-4E6F-B48D-39054ADF160C.jpg
<Photo by.伊東さん>


そしてチェーン交換をしてくれた、しんすけさん、マコトさん、Upapa、ありがとうございます。
次は絶対勝ちます!
そして全日本もいい結果で終われるよう頑張っていきます。
朝早くからサポートありがとうございました。
そしてたくさんの応援ありがとうございました。
お疲れ様でした。


CJレース参戦にあたり、スポーツサイクルショップ
「バイクルームシン」 http://bikesin.com/ よりサポートいただいています。




posted by rossi at 19:37 | Comment(2) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レースレポート(D地)富士見パノラマ春


今回はCJ-1富士見パノラマに参戦した。

毎年必ず来るパノラマ。今年もやってきた。

今回は前日に塾があるため当日入り。

02570_Capture.jpg

コースは少し変わり今まであったロックセクションがなくなり、スタートして上ったあと下りに入る前のところに、新しくロックセクションが出来た。ルートもアップダウンが多くなった。

新しく出来たロックセクションは渋滞すると思ったのではやめに前に出たいと思った。

目標は、半分!いけるところまで行こうと思った。

今回、スタートはアドバンスと同時出走でアドバンスの後ろからだった。

スタートはユースの中で2列目に並べた。スタートはしっかり前の集団について行こうと思った。

そしてスタート!皆一気にとび出す。

02571_Capture3.jpg

すると左後方で落車。すこし右にそれるとそこで前の人が落車。

それもよけて左の方に行くとそこでも落車がおこる。

そしてまた右で落車が起きた。

落車には一回も巻き込まれなかったが、よける先々で落車が起こり巻き込まれるかと思いヒヤヒヤした。

そしてそのまま上っていく。

02571_Capture.jpg

ロックセクションでは思っていた通り渋滞が起こっていた。

焦らず落ち着いて突破する。そして少し下り再びのぼりへ。

02572_Capture_1.jpg

その後はいつもどおりのコースを走り、2周目に入る。


2周目も前に1人見えていたので追いかけて走る。

しかし、シングルトラックでのミスが多く、離れてく。見えなくなり3周目にはいった。


02595_Capture_3.jpg

その後も見えないままゴール!

02596_Capture.jpg

結果は16位。やっぱり、下りでのスピードが出ていなかったと思う。

練習は下りをメインにやりたいと思う。(下れば上れるし)

次は前橋!しっかり調整をしていきたい。

応援してくださった皆さんありがとうございました!



CJシリーズ参戦にあたっては、バイクルームシンより、ジャージなどをサポートしていただいています。

続きを読む
posted by Dmama at 11:37 | Comment(2) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

レースレポート(D地)びわ湖高島ステージ

今回はCJ-1の初戦となる朽木高島ステージに参加した。

去年の大怪我、80%カット。そのリベンジをするために行った。

目標は無事完走!そしてスタート1位!今回は前々日入りでゆっくりする事が出来た。


<前日>

前日になり、コースマップを見るとなんと去年あった九十九折、その先の下りがなくなっていた。

去年のリベンジができなくなり残念だった。1周も短くなり少し物足りない感じだった。


<当日>

1時間前くらいにアップを開始。その後招集に行く。レースは全部で3周になった。

スタートは運良く1列目に並べた。だからスタートは第一コーナーまで1位で行こうと思った。

そしてスタート!ビンディングが上手くはまり、前に出る。


狙い通り1位でコーナーを曲がりのぼりに入る。すると後ろで「ガシャン!」と聞こえ、落車が起きる。

ユースの3分の1くらいが巻き込まれていた。気になったが振り向かず上りに入る。

だがすぐ後ろにいた人たちに抜かれ後ろの方に。けど焦らず1人ずつ抜いていこうと思いしっかり踏んでいく。

だが風が強くなかなか進めず足をついてしまった。

すぐ再び乗り走り出す。1周目は真ん中くらいで2周目へ。


前に見えているユースの子を追いかける。そして3周目に入る。

3周目は最後ののぼりで落車に巻き込まれていた人たちに抜かれゴール。


結果は18位だった。

今回は最後の踏ん張りがなかった気がした。

もっと踏ん張れるように練習していきたい。

応援してくださった皆さんありがとうございました。


(フェイスブックより写真を使わせていただきました。

ありがとうございました。)

朽木4.jpg

朽木.jpg

朽木3.jpg


CJシリーズ参戦にあたっては、バイクルームシンより、ジャージなどをサポートしていただいています。

HPhttp://bikesin.com/


posted by Dmama at 14:48 | Comment(0) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

レースレポート(U太)富士見パノラマ大会

Coupe du Japon CJ1 富士見パノラマ大会
2016/05/29<SUN>

今回は様々な気持ちで挑んだ富士見パノラマ。
朽木とアキグリーンカップでは全く結果が残らず不調続きでいた。不安にもなった、この状況で出場していいのか、もう一度練習メニューや日々の生活を見直しその上でレースに出た方がいいのか…。
いろんな事を考えたし皆さんの意見やアドバイスを受けて、とりあえず「そのレースの時点で出来ることをやるだけ」と思いレースに挑んだ。

0927DC7C-01AA-43C4-92CC-C23EB3825781.jpg

それに何のためにレースをやってるかって言ったら、自分の力を出し切り結果を残すためであり、結果を残してみんなと一緒にやりきった!と思えるためでもある。
その為にはレースに出なかったら何も生まれないしこの悔しい気持ちを持って気合いを入れてレースにぶつけた。
レースの先週はノリちゃんに鍛えてもらいレース前は色々な食材を沢山食べるようにした。
そして前日にはゴンドラで頂上まで行き、ちょっとでも高地になれるようにした。
感覚としてはかなり調子も良く前向きになれた。
レースはアドバンスと混走で⒋3キロを3周回。

328C3E1B-41AA-42FF-ABC7-FA53A301FACA.jpg

1周目
スタートはアドバンスが前でユースの勢いや全体的にユースのスピードが速い事で、前にいるアドバンスに突っ込んで落車する人が続出…。
自分は落車を目の前で3回よけながら巻き込まれずにスタートする事が出来た。
そこからロックセクションは詰まっていてそこで降り、一度落ち着き呼吸を整えた。
そこからは近くにいるユース4〜5人と走った。
今回のコースは終盤にある直登の坂や最後の登りがカギになると思っていた。
なのでそこまでは前に前に行くというわけではなく、抑え気味で行った。
そこから終盤にかけて上げていき、5位くらいで1周目を終える。

62B3FC4B-FDFB-44AB-9F6C-D197BA34150A.jpg
ハッシーとツーショット!

2周目
そこからはユースの人についていき、3位グループで走る。
別にオーバーペースではなく、丁度いいペースだった。しかし一度離れそうになり全力でついて行ったらその次の登りで3位の人に離れてしまった。
それでも4位という位置を下げたくは無いと思い全力でもがいた。


863C2F13-B3F1-4D24-A126-07FE810851B4.jpg

3週目
もうここからはただひたすら頑張るだけ。
それにいつも以上にたくさんの応援が聞こえ、諦めるなんて一切考えなかった。
それにペースも落ちていなく本当に最後まで今までに無い世界で走る事が出来た。

36E461C7-E871-48DB-A283-61E01E0A4876.jpgE4CD75F3-BBF1-4E6F-A5DC-965A6C8A4FC3.jpg
最後までもがき4位でゴール!

4位というのは今までで最高順位で正直に嬉しかった。
それに最初から最後までいつもより速い人たちがいる空間で走る事ができて、ためになることが凄くあったし、それ以上に自信がついた。
でも今まで結果が出てなかったからこの結果で嬉しいけど、これが今の実力。そして今回が一つの通過点である事を忘れずここで止まらないように。
結局今までの練習を続けても4位にしかなれない事が良くも悪くも分かったし、レースに出ることによってそのレース前後を含めて知るモノが沢山あって、やっぱり出場して良かったと思った。

84AB4978-645B-4FE5-9D95-59830A05A257.jpg
クーちゃん

そして本当に沢山の応援が響きました。その応援の声の中で応えられなかった事もあったけど、それを次の目標の一つにして気合いを入れて練習していきます!
本当に応援、サポートありがとうございました。
お疲れ様でした。


CJレース参戦にあたり、スポーツサイクルショップ「バイクルームシン」
http://bikesin.com/ にサポートいただいています。



posted by rossi at 07:10 | Comment(2) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

レースレポート(U太)びわこ高島ステージ

Coupe du Japon びわこ高島ステージ
2016/05/03<TUE>


CJ開幕戦の朽木高島ステージ。
毎日ローラー台やランなどトレーニングをしてきたが、
1ヶ月くらい前から徐々に調整し、体を休めていった。
前日試走では調子がよく、自転車もいい状態で良い方向に進んでいた。
ただ少し右ひざが痛く、頭がジンジンしていた。

コースはつづらがカットされ、2.4km×3周となった。
いつもどおりアップをしてレースに備えた。
ユースは23人のエントリーで、上位にリザルトが残る人ばかり。
集中して気合いをいれて挑もうと思った。


IMG_0612.JPG


スタートはうまくいき、トップ集団についていったが徐々に離れていった。
その後足が回らずどんどん抜かれていき、おかしい・・と感じたが、一旦落ち着いた。
でも腰も痛くなってきて、足も回らないし、リタイヤも考えたが、
ピットや応援してくれる人からのアドバイスもうけて走りきろうと思った。
その後もまわりについていけず、それでも1周目よりはよくなって、ゴールした。


IMG_0614.JPG


理由はわからないが不本意に終わってしまい正直に悔しい。
根本から練習の気持ちを入れ替えてとりくんでいきたい。
次のパノラマで変化があるか分からないけど、
その次、また次を見据えて頑張っていきたい。

応援、サポートありがとうございました。


CJレース参戦にあたり、スポーツサイクルショップ「バイクルームシン」
http://bikesin.com/ にサポートいただいています。



posted by Upapa at 23:28 | Comment(0) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

レースレポート(U太)a.b.c.cup

2016/4/24 〈Sun

久しぶりに出場したa.b.c.cup。
前日に霞ヶ浦100キロツーリングをして、集中力や長時間乗った疲れとなぜか分からないけど左膝が痛かった。でも乗っている分には大丈夫そうだった。
ハンドルのグリップをとうもろこしの黄色いものにチェンジし、いつも通りコース試走した。


20160428191828616.jpg
黄色いとうもろこしグリップ🌽


コースは広場の草原を大幅にカットし、1周が2分台で走ることのできるコースに変更。
いつも以上に周回数が多くなると思った。
そして久しぶりに最後尾に並びupapaと
「3周でトップまで行く」と決めた。
だからなおさらスタートでどこまで行けるかが重要になった。
自分は一番右側の土手になっている斜めの場所からスタートすることにした。そこは斜めということもあって自転車1台分が開いており、うまくいけばその一直線をスルスルと抜け出す事が出来る。
なのでスタートは5番手までくらいを目指して挑んだ。


20160428193854750.jpg
momoは全員後ろから🍑


そしてスタートは完璧で動画で確認したところ、第1コーナーで13番まであげて30人をパスすることが出来た。
その後順調に一人ずつ抜いていき、遂に3周目には1位集団の2人にパックに合流し3人がトップ争い。
1人が少し飛び出していたが見える位置だったので無理に追いかけることはせず、落ち着いて走った。


20160428195556634.jpg


その何周後かにトップがシングルトラックでトラブル。その間に一気にパスし、そこから今度は自分が一歩前に出て少し離してその距離を保った。
そうすると徐々に離れていき20秒〜30秒前で自分が単独トップで走行。
そのままラスト15分までは周回遅れも声をかけパスし、何事もなく自分のペースが刻めていた。


20160428210414463.jpg
20160428210423554.jpg
途中momo3人が偶然パックになる📷


そしてみんながラストスパートをかけてきて本部のアナウンスやteamからの「何秒近づいてるor離れてる」を毎周言ってくれてそれで対応することが出来た。
そして最終的に2位以下に1分差をつけて意外にもa.b.c初のバリバリ優勝🏆
そんな気がしないけど凄く嬉しかった。


20160428210442757.jpg


今回は凄く自分のペースが保つことができて安定したレースが出来た。
そして周回遅れで詰まって上手くいかないこともなかった。(トップにいて落ち着けた事もあって)
しかし腰が曲げると激痛が起こるくらい痛くてキツかった。


20160428210450910.jpg
バリバリ初優勝❗


ちょっと話がそれるが、最近話題になって最近また聞かなくなってきた「ルーティン」
ルーティンというと最近話題になっただけで、昔からどのスポーツ選手もトップクラスの人は必ずと言うくらいやってる気がする。(やって方がいいと言っている)
自分もラグビーで盛り上がった頃から何か考えようと思い、I山さんがやっていたバイクの点検をしながら「今日は頼んだぞ」と思いを込める。
その点検や言葉の内容は自分なりのもので良いけど統一しないと意味がないと思う。だから自分で練習もレーススタート前も同じ動作で点検を兼ねたルーティンを最近までずっとやっていた。


20160428210459789.jpg
本番前のルーティン🎵


当たり前だけど本番だけやったら何の意味もないから日常の練習の始まりや、いつでも出来る自然と覚えられるものが良いと思った。
少し考えた結果、長々するよりは簡単なものが良いかなと思い自分が好きなバイクレーサーのバレンティーノ・ロッシがやっているのを似せたものにしようと決めた。(昔の動作からロッシのものに変えようと決めた。)
ロッシはレース本番前にバイクの横にしゃがみスッテプを握るというルーティン。


20160428210505484.jpg
ピット前で必ずやってバイクに乗るロッシ


自分も今回のスタート前、並んでいるときしゃがんでダウンチューブの下側を持ち3回深呼吸をする。という外から見たらロッシみたい!?な動作を入れた。
まだ始めたばかりで(このルーティンを)CJも始まっちゃうし一旦は昔のルーティンどちらもやり、少しずつロッシルーティンだけにしたいなと思う。
でもルーティンてやろうとしてやるもんじゃないっていうか、普段の緊張してない練習と同じようにするためにやるもんだと思う。
ここまで言ってあれだけど「ルーティンをやる」と思わずにやらないと普段と一緒にはならない…。(普段から「ルーティンをやる」と思いやれば別の話だけど)
とにかく練習と統一しいつも通りの状態をつくる事が大事だと思うのでこれからやっていきたい。


20160428215033309.jpg

今回も応援、サポート、そして主催者さんありがとうございました‼
お疲れ様です。


posted by rossi at 20:53 | Comment(3) | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。